ヘッドライン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-) |このエントリーをはてなブックマークに追加 |このエントリーを含むはてなブックマーク |はてなブックマーク - スポンサーサイト

黒「次の標的は・・学園都市?」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/23(水) 19:43:50.74 ID:Z2Uh4bYy0

黄「そうだ」

「あの学園都市か?」

黄「そうだ」

猫「どうした珍しいじゃないか

「あそこには良い思い出がない」

黄「契約者お得意の合理的な判断ってやつか」

「いや、仕事は遂行するきちんとな」

黄「賢明だ。こんなことで組織に目つけられたくないからな」

猫「OK、じゃあいくぞ銀」

銀「うん」


6:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/23(水) 20:36:02.58 ID:Z2Uh4bYy0

~潜入後~

「おいこれはどういうことだ」

猫「一番”合理的な”潜入の仕方ってやつだ」

「いくらなんでも高校に転校はないだろ」

猫「なぁにどうにかなる」

小萌「どうしたんですかーはやくいきますよ」

「はい。」


小萌「今日からこのクラスに入ってきたリー君です」

「リーです。以後ヨロシクオネガイシマス」

土御門「なぁかみやん。あいつ嫌なかんじしねえかにゃー」

青髪ピアス「俺たちの敵のにおいだ」

上条「くっだらねえ


8:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/23(水) 21:05:49.02 ID:pD2D116MO

年齢的にやぶぁい


9:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/23(水) 21:26:13.49 ID:Z2Uh4bYy0

小萌「リー君は上条ちゃんの横が開いてるのでそこに座ってくださいー」

「リーですよろしく。(さて・・ここからどうやってアレイスターのとこまでいくかが問題だな)」

トウマ「おぉよろしくな。(やっかいごとがふりかからないといいなー)」


10:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/23(水) 21:33:30.96 ID:Z2Uh4bYy0

猫「おい銀みろよあいつ高校生の学生服だぜwwww」

銀「あらたな・・男性との出会い・・・」

猫「おいもうやめろその話は」

銀「わかった」


土御門「よろしくだにゃー(この時期に転校・・におうな)」


かくして放課後

「ではみなさんさようならー(さて帰るか)」

上条「じゃあな」


帰路につく黒

上条「あれ、お前俺つけてきてんの?」

黒「いや・・そんなことは。僕の家はあっちですので」

上条「っておれんちといっしょじゃねえか!」

黒「そうなんですか、よかったです(ちっ猫のやつしくったな)」

トウマ「しかも俺の部屋の隣じゃねえか、ちなみに反対側土御門な」

舞夏「お、上条んとこのごくつぶしーイケメンつれて今度はBLに転向カー?」

トウマ「お前それ兄ちゃんに言ってみろすごい顔して発狂するぞ」

舞夏「んにゃ。了解したー」


12:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/23(水) 21:37:48.80 ID:Z2Uh4bYy0

黒「では僕これで今日はありがとうございましたー」

ガチャ

猫「おいどうにかしろ」

黒「どうした」

猫「銀が一個むこうのメイド服きた娘と意気投合して、またBL系の本よんでやがる」

黒「あきらめろ、それに前はあれのおかげで助かったんだ、目をつむるしかない。」

猫「まぁいい、指令の確認だ。アレイスターガ大事にする宝物とやらを持ち出して来い」

黒「場所は」

猫「さぁ」

黒「おい、どうするんだ何にも決まってないじゃないか」

猫「しかし今回は危険度が低いと言われている。」

黒「本当だな?もう怪人血飛ばし男と戦うとかそういうのは嫌だぞ」

猫「俺だってごめんだ」


13:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/23(水) 21:45:22.60 ID:Z2Uh4bYy0

猫「なぁに俺がいればちょちょいのちょいさ。サーバーにアクセス開始っと。時間がかかるからちょっと探索でもしてこい」

黒「わかった」

銀「こんな絡みが・・・ぽっ」

黒「だめだこいつ」


かくしてまず飯屋を探すことになった黒であった

黒「あそこはよさそうだ」

バーガーショップを見つけはいった黒、そこで聞き覚えのある声を耳にする

インデ「ねぇトウマはやくたべさせてよー」

トウマ「何を言いやがりますかこのいんちき石油王コスプレシスター、さっき食べたでしょうが」

インデ「私の10万3000冊の蔵書のなかにはあの程度のものを食事と記載する本はないよ?」

トウマ「おまえんとこの本には料理本はないでやがりますか」

黒「またあいましたね」

トウマ「誰ですかその右京さんみたいな口調で俺に接触してくるやつは、ってリーじゃん!」


14:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/23(水) 21:52:29.93 ID:Z2Uh4bYy0

黒「どうしたんですか?」

インデ「この人誰とうま」

トウマ「どこぞの食い意地のはったシスターとは比べ物にならないというか、むしろみならってほしい聖人君子のよ
うな方であられるぞ~」

インデ「む~それって私は(ry

トウマ「あーわかったわかった、あーあ今月も赤字だー不幸だー!」

黒「僕もゴイッショしてよろしいですか?」

トウマ「どうぞどうぞ」

黒「はむっハムハム!はむっ!」

トウマ&インデ「・・・」

黒「どうしたんですか?二人ともたべないなら食べちゃいますよ」

トウマ「どうぞどうぞ(おいインデックスあの体のどこにエネルギーは吸収されてるんだ)」

インデ「私の10万(ryによるとあれは魔術だねきっといやそうじゃないと全世界の乙女を敵に回すよ」

トウマ「そういえば前にこんなことあったような。誰だっけ姫・・・・まぁいいか」

姫神「くしゅん。」

小萌「どうしたんですかー」

姫神「誰かが私のうわさしてる」

小萌「そんな非科学的なこといっちゃだめですよーいいですかくしゃみっていうのはですね(ry」

そんなこんなで飯を食い終え分かれる黒


15:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/23(水) 21:55:08.36 ID:Z2Uh4bYy0

黒「さて、探索にはいるか」


??「ちょっとー今忙しいのよーあとにしてくんない」

A「へい彼女ー遊ぼうよー俺といいことしない?」」

?「あーめんどくさいわねー」

黒「どうしたんですか?」

A「なんだてめぇ」

黒「彼女嫌がってるじゃないですかここは穏便いやウォンビンにいきませんか?」

A「あ?てめぇ調子のってっとつぶすぞ!」

殴りかかる不良しかしよける黒


16:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/23(水) 21:59:14.27 ID:nsX0FGH7i

銀ちゃんはもう一人前の腐なのか


17:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/23(水) 21:59:14.18 ID:Z2Uh4bYy0

A「あ、よけんなよ」

美琴「ちょっとあなたどきなさい!」

不良を吹き飛ばすレールガン

A「また来週ー!」

黒「すいません助けられなくて(こいつは・・7人いるLv5の第三位御坂美琴か・・)」

美琴「いいのよ、それに自分のことは自分でできるわ」

黒「いや目の前でか弱き女性がこまっていたのでつい」

美琴「ちょ・ちょっと褒めてもなんの食事もだせないでございますでござるよ」

黒「大丈夫ですか?」

美琴「大丈夫よ、あの馬鹿とちがった方向で調子くるわねー」


19:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/23(水) 22:03:43.99 ID:Z2Uh4bYy0

美琴「あなた名前は?私は御坂美琴よ」

黒「リーです。リ・シェンシュンよろしく(キリッ」

握手する

美琴「よろしく(くそう・・つけいる隙のないイケメンねー)」

黒「何かがあったらまた。(あれは厄介だな、電撃だから俺の攻撃が聞かない。もし敵として現れた場合どう対処するか・・・)」

美琴「じゃあね」

ガチャ

黒「どうだ猫様子は」

猫「あぁ場所は把握した。しかし問題がが」


20:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/23(水) 22:07:23.26 ID:Z2Uh4bYy0

黒「なんだ」

猫「研究所内にあるらしいんだがどうやらそこでは今、アクセラレーターが護衛についてるらしい」

黒「なん・・だと・・・」

猫「いくらお前でもワイヤーがベクトル変換されたら手も足もでないだろう」

黒「どうするんだ」

猫「それは考える、まだ期限はあるしな」

黒「わかった」

寝床に着く黒

一方そのころ

土御門「おいアレイスター、いるんだろ」

あれいすたー「なんだい」

土御門「外部から能力者を招きいれたのか進入をゆるしたのかしらないが何をするつもりだ」

アレイスター「いいや彼は能力者ではない”契約者”さ」


21:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/23(水) 22:10:45.13 ID:vLRq6HkQ0

黒と御坂だったら身体能力で黒が勝つだろ


22:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/23(水) 22:10:56.96 ID:Z2Uh4bYy0

土御門「あの能力を使うたびに”対価”が必要なやつらのことか」

アレイスタ「まるで魔術を使う君みたいにね」

土御門「言うな、それでやつをいれた目的は」

アレイスター「計画のうちさ、実践経験豊富な彼との接触によりどういった事象は引き起こされるかという」

土御門「また厄介事を・・・大量の死人がまた出そうだ」

アレイスター「それは心配ない。先方との契約でねふふふ」

土御門「俺は今回は出ないぞ。舞夏ときゃははうふふな時間が待っている」

アレイスタ「安心したまえ」


23:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/23(水) 22:20:55.85 ID:Z2Uh4bYy0

ガタガタ

黒「なんだ」

トウマ「もーごめんなさいごめんなさいこれでいいだろー」

美琴「もー待ちなさい!今日こそはあんたをぎゃふんといわせてやるんだから」

外に出て河川にでる黒。そこでは電撃を右手で防ぎ続けているとうまの姿が

黒「おい猫、いるか」

猫「もちろんだ。」

黒「あれはどういうことだ」

猫「どこぞに伝わる伝説の能力キャンセラー「イマジンブレイカー」だな。あらゆる能力をキャンセルする」

黒「それにしては右手しかつかってないようにみえるが」

猫「まだ不完全なんだろう」

そして砂鉄ソードをかまえる美琴

美琴「これはね(ry」

トウマ「切れ味の説明は良いー!俺しんじゃうーー!」

美琴「そういいながら防いでるんじゃないノー!」

黒「不完全とはいえすごいな完全に防いでいる」

猫「あった。どうやらあの餓鬼はアクセラレーターに勝利しているらしい。」

黒「なんだと」

猫「美琴シスターズ計画とやらをとめるためにうんちゃら」

黒「その話詳しく聞かせてくれ」

かくしてラストオーダーまでのことの顛末を調べ上げた猫は黒にその全貌を話すのであった


黒「これはいけるな」


24:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/23(水) 22:25:19.03 ID:Z2Uh4bYy0

翌日

土御門「なぁリーやんはどんな女性がタイプかにゃー。巨乳貧乳いろいろあるけど、俺はちなみにいもうと系だにゃー」

トウマ「実の妹にぐはっ」

土御門「蚊が顔にとまってたにゃー」

黒「僕は、いもうと系はちょっと・・・」

土御門「ひょっとして年上好きかニャー?眼鏡かけたばりばりのキャリアウーマン風のそれでいてか弱い」

黒「ぶっ!」

土御門「ビンゴだにゃー、土御門先生に隠し事はできないんだにゃー」

黒「ぼ僕はトイレに・・」

青髪「その女性をおもいだしてトイレにGOそしてぐはっ」

上条「昼間ッカラ盛りついたトークしてんじゃねえぞ!」


25:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/23(水) 22:27:53.31 ID:Z2Uh4bYy0

黒「危ない俺がいもうとLOVEの変態人間であることがばれるところだった。いもうとはクリアしたが」

猫「まさかみさきーぬというリーガールズにまでトークがおよぶとは・・・:

黒「おい猫なんでいる」

猫「水があるところに銀あり、そして俺は猫だぜ?高いところはお手の物」

黒「誰が俺の偵察しろといった」

猫「おまえじゃないあのトウマとかいう餓鬼だ、イマジンブレイカーには興味がある」

黒「ほどほどにしておけよ


26:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/23(水) 22:33:06.40 ID:Z2Uh4bYy0

放課後

黒「さて、まずはアクセラレータの能力把握をしておくか」
仮面をつけいつもの調子に戻る黒

一方「あぁ?今日も分をわきまえねえ不良共が闊歩してきやがりますか」
制限時間30分あるとはいえ相変わらずの強さのアクセラレータである。

カタッ
一方「なんだぁ?今日はたいりょうだなぁ!」

黒「お前がアクセラレータだな」

一方「いかにもなぁ」


27:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/23(水) 22:38:09.89 ID:Z2Uh4bYy0

一方「なんだぁ?お前からこねえんならこっちからいくぜ!」

スイッチを要れベクトル変換をほどこし一瞬で距離をつめるアクセラレータ
しかしその先に黒の姿はない

黒「一度やってみるか」

お得意のワイヤーをなげるが、当然のごとくはじかれる

黒「ちっやはり」

一方「そのていどかぁ?じゃあおしまいだな」

はじいたワイヤーをつかむアクセラレータ、それを察知した黒はワイヤーを切る


30:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/23(水) 22:45:07.26 ID:Z2Uh4bYy0

一方「やるねぇ!そのくらいやってくれないと俺もハントのしがいがないってもんよ!」

黒「猫そっちから見えるか?」

猫「もちろんだ」

黒「撤退支援頼む!」

猫「わかった”合理的な判断”ってやつだな」

ボシュ
飛んでくるロケットタンチャー

一方「おいなんだよこんなの俺様にとっちゃ屁でもねえよ!」


32:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/23(水) 22:51:04.58 ID:Z2Uh4bYy0

一方「っておいいねえじゃねえかよ!これじゃあ俺様のこのいきりたった感情が処分できねえってもんよ!」

黒「わめいてろ」

無事帰宅する黒

猫「やっぱりムリだったな」

黒「あぁ、しかし糸口が見えた」

猫「どうするんだ?」

黒「後で話す」


33:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/23(水) 22:58:26.06 ID:Z2Uh4bYy0

帰宅するアクセラレータ

ミサカ「おかえりなのミサカはミサカはおかえりという言葉をかけることによって」

一方「うるせぇ」

いつもなら反射するところだがこんなことでバッテリーをつかっていてはしょうがないのでそのまま聞き流すことにする

ミサカ「ミサカはミサカはー!」

一方「あーもうやだ!」

黒「というわけだ」

銀のおかげで会話を聞いた二人(一人と一匹)は作戦を練る

黒「正直あいつに勝てるのは俺の知り合いにはアンバーしかしらん。時間とめてスイッチ切ればいいだけだからな」

猫「それは無理な相談だな」


34:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/23(水) 23:04:43.80 ID:Z2Uh4bYy0

黒「作戦は簡単だ、あのラストオーダーをアクセラレータに張り付かせておけば良い」

猫「そうは言うがどうやって」

黒「簡単だ銀を使う」

猫「大丈夫か?」


35:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/23(水) 23:07:39.40 ID:Z2Uh4bYy0

黒「安心しろ銀を危険な目にあわせるわけじゃない、銀にはラストオーダーを誘導してもらってずっと張り付いてもらうようにすればいい」

猫「すごい嫌な予感しかしないんだが」

黒「俺も嫌だしかしやるしかない」


そして作戦を伝える黒であった

銀「わかった」

黒「大丈夫か?」

銀「余裕・・・角サークルに並ぶより」

猫&黒「へ・・・?」


36:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/23(水) 23:10:21.15 ID:S6m9W3Kei

銀ちゃん・・・


37:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/23(水) 23:16:31.18 ID:Z2Uh4bYy0

聞かなかったことにする二人

そして次の日

ラスト「♪~ミサカは今日も漫画買いに来たのーミサカはたのしみなのー」

ラストオーダーは電撃使いが主人公のとある漫画をよんでいて新刊を探しにきたのだがこれはまた別のお話

ラスト「さて今日も買うの」

その漫画を手に取ろうとするラストオーダー

銀「ん・・・」

手が触れ合う二人。恋が芽生えるはずもなく

ラスト「ダメー最後の一冊はミサカのなのーミサカはこの本のさきがよみたいのー!」

銀「私も・・ほしい」

ラスト「ミサカがよむのー!」


38:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/23(水) 23:19:09.08 ID:Z2Uh4bYy0

いろいろあって銀が買うことになり、銀が読ませるということで部屋にラストオーダーを招くことにしたのであった

その間黒と猫は外へ出ている。

猫「なぁこの作戦本当に」

黒「言うな、契約者とはいえ俺にも道徳心というものがあるこれ以上は俺の精神が崩壊する」


39:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/23(水) 23:24:18.71 ID:Z2Uh4bYy0

お察しの通りBL系の雑誌をラストオーダーに読ませ道に引きずり下ろすことに成功した銀

ラスト「ねぇこの男の人のここはどうなってるのかミサカはミサカはちょっと好奇心だしてみたり」
銀「それはちょっと大人になってから・・・」

これが作戦である
俗に言うアッーである


41:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/23(水) 23:27:00.49 ID:Z2Uh4bYy0

ラスト「けっけちなのー!ミサカはミサカはどうしても知りたいといってみたり」
銀「好きな男の人に見せてもらえば良い」
ラスト「好きな人はいないけどミサカはちょっぴりきになる男性がいたりして!」
銀「じゃあその人に」


42:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/23(水) 23:29:17.80 ID:Z2Uh4bYy0

猫&黒「これは試練だ」

じっと会話をききつつ耐える二人
そして作戦は成功
ラストオーダーは目を輝かせながら帰路に着くのであった。


銀「成功・・・ついでに性向ふふふ」
黒「ナニモキコエナイキコエナイ」


43:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/23(水) 23:32:47.81 ID:Z2Uh4bYy0

作戦はこうだ

ラストオーダーがアクセラレータをとめている間に研究所に潜入
アレイスターの宝物とやらを強奪してそのまま離脱

というシナリオだ
学園都市から出ればそこから支援組によって元の場所へと帰れるという手はずだ


44:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/23(水) 23:36:38.04 ID:Z2Uh4bYy0

ラスト「ミサカはミサカはどうしても男の人の☆●■がどうなってるか知りたいとかいってみたり!」
一方「おいてめぇどこでその知識仕入れた」
ラスト「いいから早く教えてほしいといってるのミサカは所望したりして」
黄泉川「おっ帰ってきてみれば仲よさそうジャン」
一方「どこが仲良くみえるんだ!いってみろ」
ラスト「いいから☆●■教えてー!」
黄泉川「げっなんて言葉をつぶやくんじゃん、このままじゃ少子化が解消されちゃうじゃん、でもその年で子供は・・・」
一方「あーやめろーこのままじゃ俺精神的に死ぬ!悪役がいいピエロだぜぇ!」


45:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/23(水) 23:41:07.17 ID:Z2Uh4bYy0

その後アクセラレータはカエル医者に頼み、この部分だけラストオーダーの記憶を消すのであった。


46:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/23(水) 23:47:16.85 ID:Z2Uh4bYy0

黒「いくか」
猫「俺が先行する、なにせ猫だからな、みつかっても平気だ」

研究所に潜入する二人、銀のナビゲートをうけつつ的確にそして静かに進んでいく。
そして最深部に潜入
二人は固まる

黒「これが宝物だと・・・」
猫「確かに宝物だな」


47:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/23(水) 23:51:27.49 ID:Z2Uh4bYy0

その正体は3Dディスプレイ式ノートパソコンであった
しかも触れて感触もあるというすばらしさ

そこでは某アニメのキャラが表示され、黒が触ってみるとふにふにとした感触があった
なぜここまで厳重警備であったのかというと

もしこれが発売された場合ニーとは本格的に外にでることなく生涯をとじる恐れがあったからである。
ついでにアレイスターが触りたかったというのもある


48:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/23(水) 23:52:57.24 ID:Z2Uh4bYy0

黒「もういやになるな銀といい」
猫「だな」

黒「しかし任務は遂行しなければいけない」

ノーパソを取り外す黒
その瞬間アラームが鳴る

黒「警報は切ったんじゃないのか!」
猫「きったぞ!どうなってるんだ」
黒「とりあえず逃げるぞ」

ノーパソをとって逃げる二人


49:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/23(水) 23:54:46.04 ID:Z2Uh4bYy0

研究所を抜けるとそこには

?「あきらめなさい!ジャッジメントですの」

黒「ちぃ!早い」
ワイヤー射出

黒子「その程度の攻撃よけるまでもありませんわ」
テレポートでよける黒子


50:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/24(木) 00:00:31.89 ID:1XDwVHZX0

黒「どうなってるんだ」
猫「テレポートだ、座標を計算してテレポートしている、データによると彼女は敵の体内に物質も転移できるらしい」

黒「分が悪すぎる。どうする?」
猫「やるしかない」

ワイヤーを交わし続ける黒子 
黒子「その程度ですの?それではウォーミングアップにもなりませんわ」
黒「減らず口を!」
そこへ猫が水のはいったペットボトルを咥えてくる
猫「黒!これをつかえ」
ペットボトルのふたをはずし放り出す
黒「ええい!」
受け取り黒子へ水をかける
黒子「ついにあきらめましたわね」
よける黒子しかし黒は軌道を読んでいた。そのまま手を返しペットボトルの残った水を黒子へ浴びせる
黒「チェックメイトだ」
そのまま水を伝い電撃を流す
黒子「あぁあああああ電撃オネエ様とおなじ電撃きもちいいですのぅううう」

黒「しなないだと・・・」


51:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/24(木) 00:01:58.59 ID:1XDwVHZX0

いつもLV5の美琴の電撃をうけているので黒の電撃では死ななかったのであった、むしろ感じていた

猫「行こう黒」
黒「俺の周りには変態しかいないのか」
黒子「ああんおねえさまぁあああああ」


52:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/24(木) 00:04:36.04 ID:1XDwVHZX0

その頃学園都市入り口

?「ここですか、今彼が潜入している街というのは」


警備員「ちょっと許可証がないとはいれないんですが」
?「許可証ですかありますよ」

パチッ

「何を・・うわあああ」
?「脆い、人間というのは脆いですねぇ」


53:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/24(木) 00:08:03.71 ID:1XDwVHZX0

トウマ「あーあ今日も疲れたし帰るか」

ボンっ!

トウマ「なんだ」
インデ「トウマご飯まだー」
トウマ「今はそれどころじゃないだろ。あれはなんだインデックス
指をさした先では空洞をあけた人間、車ありとあらゆる異常を示すものが広がっていた。
そしてそのさきには顔面の半分が火傷に覆われたエルフ耳の男が一人
ウェイ「見られてしまってはしかたないですねー」
トウマ「また魔術関連か?それとも科学のほうか?」
ウェイ「残念”契約者”です」


55:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/24(木) 00:11:36.33 ID:1XDwVHZX0

血を飛ばすウェイ
そのままトウマにかかる

トウマ「なんだこれは」
おもわず右手で触るトウマ
ウェイ「ではさよならです」

パチッ

・・・

何も起こらない

ウェイ「なんですと!」
再度血を浴びせるウェイ
トウマ「なんだかわからないが右手で無力化できるんだな!インデックスこいつはなんだ?」
いんで「わからない!たぶん魔術じゃない!」

右手でさわり無力化
ウェイ「今度こそ!」
パチッ

トウマ「だからきかねえよ!」
そのまま右手でストレートを浴びせるトウマ


57:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/24(木) 00:15:20.67 ID:1XDwVHZX0

そのまま顔面に入る
ウェイ「ぐほっ!」
ウェイ「私の顔に傷をつけましたね!許しません!」
何度も血をかけるが何度も無力化されるウェイ

そして血をかけすぎて、、まともに動ける限度リョウを超える

ウェイ「くっ・・・今日はこれまでにしてあげましょう」
トウマ「悪役のせりふじゃねえか!」
そのまま退散するウェイであった
トウマ「あいつ何しに来たんだ」
インデ「さぁ?でもご飯たべよう!」
トウマ「でもの意味が違うんですが?あなたは日本語まで強引に変えやがりますかこのやろう、それに俺血だらけじゃねえか!」

インデ「もうトウマのばかー!」
顔面を噛み付かれるトウマであった。
トウマ「不幸だー」


58:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/24(木) 00:20:53.11 ID:1XDwVHZX0

黒「しかしテレポーターにはひどいやつしかいないな」
猫「テレポートするたびに全裸になるやつとかな」

行き先でトイレをみつけた黒は人ごみにまぎれるため仮面をとり、マンともとる
そしてリーとしてノーパソをかかえ、外に出ることにした。


59:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/24(木) 00:22:42.06 ID:1XDwVHZX0

あるいているとまたしても聞き覚えのある声が

インデ「だからまだご飯たべてない!」
トウマ「俺の財布までイマジンブレイクしちゃうつもりですかこの石油王風シスターは」
黒「おやこんなところで」

ばったりと会ってしまう
猫「まずいな」
トウマ「お、リーじゃん」
黒「どうも」


60:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/24(木) 00:28:14.30 ID:1XDwVHZX0

黒「その服はどうしたんですか?」
トウマ「いやーちょっと殴り合いしてたら血だらけにさぁ」
黒「喧嘩はしないほうがいいですよ。小萌先生に泣かれてしまいます」
トウマ「おお俺の心にしみ込む言葉これ以上俺に追加ダメージをあたえないでちょうだい!」
黒「わかりましたw。では僕はこれで急ぐので」
トウマ「じゃあな」
インデ「じゃあねー!」

黒「全くひやひやさせる。まぁいいもう出口だ」
仮面をつけ強行突破をはかる黒
しかし誰も追いかけてこない
黒「妙だな」
猫「しかし出れば終わりだ。」
出た先には輸送機があった。そこで銀と合流する。
猫「銀なんだこれは」
銀「もらった」
舞夏にもらった大量の同人誌をたずさえて
黄「前も言ったが契約者ってやつはこんなものを好むのか?」
猫銀「いうな」


61:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/24(木) 00:31:25.24 ID:1XDwVHZX0

そして移動する一行帰路の途中睡眠をとる
次の日

小萌「えーリー君ですが転校しました。先生としてはせっかく良い子が来たのに悲しいです」
トウマ「もうかよ!昨日あったのに」
土御門「(暗殺もなし特に重要な盗まれていない何だったんだやつは・・俺の思い過ごしだったか)

舞夏「悲しいなーせっかく腐女子コミュふやせたとおもったのに」


62:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/24(木) 00:33:33.50 ID:1XDwVHZX0

目的地につく黒
そこではクライアントが待っているらしい。

黄「ついたぞ」
黒「さて渡して帰るか」
アンバー「やっほー」
黒「ぶほっ」

猫「おいどういうことだ」
黄「どういうこともなにもクライアントがやつらだ」
黒「ここで息の根を止めてやる」
あんばー「時とめちゃうよ?それより約束の品頂戴」


63:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/24(木) 00:38:25.94 ID:1XDwVHZX0

黒「ああ」

ノーパソを渡す

アンバー「おっけー」
なにやらディスクを入れるアンバー。そしてディスプレイが表示され

白「お兄ちゃん!白だよー!」
白が写った

アンバー「今回の目的は朴念仁の黒の男を取り戻させてあげる作戦だったの、これあげる。報酬も出すわどう?いい条件でしょ」
明らかに白はあの白とはちがうんだがそれでも見た目は白

猫「こんなくだらないことのために俺たちは働かされたのかなぁ黒」
黒「白ー!白たんふにゅうううううう」

黒が爆発した。触れることを良いことに頬をすりすりする黒

黄猫銀「だめだこいつ・・・」
アンバー「あちゃーやりすぎたか溜まりすぎだったんだねー」

かくしてドキッ変態だらけの能力者祭りは幕を閉じたのであった。

ーおわりー


64:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/24(木) 00:43:34.58 ID:Qheokutc0

おわりwwwwじゃねーよwwwww


65:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/24(木) 00:44:55.03 ID:7dWjHKfni

えwこれで終わり?wwww


DARKER THAN BLACK-黒の契約者- Blu-ray BOX
DARKER THAN BLACK-黒の契約者- Blu-ray BOX
関連記事
スポンサーサイト
[ 2010/10/16 15:05 ] DTBSS | TB(0) | CM(2) |このエントリーをはてなブックマークに追加 |このエントリーを含むはてなブックマーク |はてなブックマーク - 黒「次の標的は・・学園都市?」
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2014/09/05 09:40 ] [ 編集 ]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2015/12/05 13:22 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

タグリスト 改

伊原える千反田奉太郎摩耶花福部SS氷菓古典部折木かほ十文字入須冬実2ch上条当麻とある魔術の禁書目録ヤンデレとある御坂美琴禁書レールガン黒子超電磁砲食蜂操祈とある科学の超電磁砲番外個体一方通行VIPインデックス神裂上条御坂ゲームフィオナssデメント美琴佐天佐々木キョン涼宮ハルヒの憂鬱ハルヒ長門美少女古泉創作けいおんSSけいおん!!けいおん!朝比奈鶴屋さん当麻インデックスSS木山禁書SSレールガンSS東方霊夢メタリカみくるサキュバス俺の妹がこんなに可愛いわけがないラブプラス平野綾それでも町は廻っているかんなぎかんぱちTHEIDOLM@STER声優Lia東方二次創作紅魔城伝説IIFF14スクエニキャサリンアトラスペルソナ2小説京極夏彦ミステリーPS3グランツーリスモ5どん判金ドブ稲船カプコン2ちゃんねる週刊トロ・ステーションPS2ICOワンダと巨像おいしんぼ平野耕太Aチャンネル竹達彩奈戸松遥豊崎愛生悠木碧田中理恵早見沙織バイオゾンビエースコンバットACECOMBATxbox360痴漢妊娠GK箱○げんしけん二代目アフタヌーンソニーPSPgoとある魔術の禁書目録禁書小萌麦野フレンダ土御門ハルヒSS男SSSS初春妹SS女SS男SS少女SS少女姫子青ピ建宮姫神ひたぎイヒ戦場ヶ原阿良々木化物語打ち止め鶴屋朝倉パイナポゥ女体化五和垣根海原絹旗浜面冥土返しエツァリ笑うセールスマン喪黒京介沙織桐乃黒猫俺妹あやせ加奈子DTB兄SS化物語SS羽川神原撫子忍野御坂妹ねーちんポケモンカスミサトシポケモンSSタケシリュウベガケンサガットストリートファイター春麗国木田谷口金田一コナンエヴァエヴァンゲリオンジブリ宮崎駿レッドブラックホワイト^q^おわり^q^高須竜児実乃梨祐作大河逢坂とらドラ!北村櫛枝1Q84村上春樹ストライクウィッチーズ2ストパンストパンSSストライクウィッチーズサーニャエイラエイラーニャ月刊朝倉SSけいおん女騎士百合執事結標ゲルトストライクウィッチーズ2宮藤芳佳坂本リーネHUNTER×HUNTERJUMローゼンメイデン蒼星石水銀燈めぐ真紅のり翠星石夏目漱石二葉亭四迷エヴァSSシンジレイアスカニュースさわ子ムギみおりつDARKER黒の契約者ハヴォックBLACKTHAN坂本美緒もっさんミーナ戸愚呂北斗の拳はやてなのはSSヴィヴィオ魔法少女リリカルなのはフェイトなのはミサトドラクエSS勇者ドラクエ魔法使い賢者勇者SS戦士

プロフィール

山田

Author:山田
プロフィール

TOP絵・まとめ依頼募集中!!

リンクフリー

相互リンク・相互RSSも募集してます!

メールフォームまで宜しくお願いしますm(_ _)m

管理人への連絡

コメント・メールフォームどちらでもいいので、ご意見・ご感想をお寄せください。宜しくお願いします。



IEだと一部表示が崩れるみたいです。改善中ですので、もう少しお待ち下さい。(それまではFirefox推奨です)

RSS整理中です。
相互リンク・RSSをして下さっているサイト様を優先して表示したいので、相互ではないサイト様は非表示にしています。

相互しているのに自分のサイトのリンク・RSSが表示されていないという場合は御連絡下さい、早急に対処致します。

相互リンク・RSSをして下さっているサイト管理者様向け御連絡

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサードリンク
人気ページランキング
検索フォーム
QRコード
QR
おすすめ2
銀の匙 Silver Spoon 3 銀のスプーンつき特別版 (少年サンデーコミックス)
銀の匙 Silver Spoon 3 銀のスプーンつき特別版 (少年サンデーコミックス)
銀の匙 Silver Spoon 2 (少年サンデーコミックス)
銀の匙 Silver Spoon 2 (少年サンデーコミックス)
銀の匙 Silver Spoon 1 (少年サンデーコミックス)
銀の匙 Silver Spoon 1 (少年サンデーコミックス)
もやしもん(11) (イブニングKC)
もやしもん(11) (イブニングKC)
3月のライオン 7 (ジェッツコミックス)
3月のライオン 7 (ジェッツコミックス)
咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A(1) (ガンガンコミックス)
咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A(1) (ガンガンコミックス)
咲Saki(9) (ヤングガンガンコミックス)
咲Saki(9) (ヤングガンガンコミックス)
HELLSING official guide book~ヘ (ヤングキングコミックス)
HELLSING official guide book~ヘ (ヤングキングコミックス)
東方茨歌仙 ~Wild and Horned Hermit. (2) (REXコミックス)
東方茨歌仙 ~Wild and Horned Hermit. (IDコミックス) (IDコミックス REXコミックス)
東方茨歌仙 ~Wild and Horned Hermit. (IDコミックス) (IDコミックス REXコミックス)
ワイド版 風の谷のナウシカ7巻セット「トルメキア戦役バージョン」 (アニメ-ジュ・コミックス・ワイド版)
ワイド版 風の谷のナウシカ7巻セット「トルメキア戦役バージョン」 (アニメ-ジュ・コミックス・ワイド版)
THE IDOLM@STER ビジュアルコレクション 上 (メガミマガジンスペシャルセレクション)
THE IDOLM@STER ビジュアルコレクション 上 (メガミマガジンスペシャルセレクション)
うさぎドロップ 10 番外編 (Feelコミックス)
うさぎドロップ 10 番外編 (Feelコミックス)

ペルソナ4 7【完全生産限定版】 [Blu-ray]
ペルソナ4 7【完全生産限定版】 [Blu-ray]
ペルソナ4 5【完全生産限定版】 [Blu-ray]
ペルソナ4 5【完全生産限定版】 [Blu-ray]
ペルソナ4 4【完全生産限定版】 [Blu-ray]
ペルソナ4 4【完全生産限定版】 [Blu-ray]
ペルソナ4 3 【完全生産限定版】 [Blu-ray]
ペルソナ4 3 【完全生産限定版】 [Blu-ray]
ペルソナ4 2 【完全生産限定版】 [Blu-ray]
ペルソナ4 2 【完全生産限定版】 [Blu-ray]
ペルソナ4 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]
ペルソナ4 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]
『ブラック★ロックシューター』Blu-rayBOX【完全生産限定版】
『ブラック★ロックシューター』Blu-rayBOX【完全生産限定版】
『Fate/Zero』 Blu-ray Disc Box Ⅰ
『Fate/Zero』 Blu-ray Disc Box Ⅰ
『カーニバル・ファンタズム』3rd Season 初回限定版 (Blu-ray)
『カーニバル・ファンタズム』3rd Season 初回限定版 (Blu-ray)
『カーニバル・ファンタズム』2nd Season 初回限定版 (Blu-ray)
『カーニバル・ファンタズム』2nd Season 初回限定版 (Blu-ray)
『カーニバル・ファンタズム』1st Season 初回限定版 (Blu-ray)
『カーニバル・ファンタズム』1st Season 初回限定版 (Blu-ray)
TAKE MOON 武梨えり TYPE-MOON作品集 特別版
TAKE MOON 武梨えり TYPE-MOON作品集 特別版
月の珊瑚(星海社朗読館) (星海社FICTIONS)
月の珊瑚(星海社朗読館) (星海社FICTIONS)
劇場版 「空の境界」終章/空の境界 [DVD]
劇場版 「空の境界」終章/空の境界 [DVD]
劇場版「空の境界」Blu-ray Disc BOX
劇場版「空の境界」Blu-ray Disc BOX
ドクターペッパー 350ml×24本
ドクターペッパー 350ml×24本
カオスヘッド&シュタインズ・ゲート 科学アドベンチャーシリーズ マニアックス
カオスヘッド&シュタインズ・ゲート 科学アドベンチャーシリーズ マニアックス
アクセスランキング
FC2カウンター
全記事表示リンク
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
936位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
2chまとめブログ
137位
アクセスランキングを見る>>
最新トラックバック
ブログランキング 
FC2ブログランキング
FC2ブックマーク


アクセスランキング ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。