ヘッドライン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-) |このエントリーをはてなブックマークに追加 |このエントリーを含むはてなブックマーク |はてなブックマーク - スポンサーサイト

澪「学校・・・行きたくない・・・・」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/04(木) 10:40:03.52 ID:5Z/DATNT0

「学校・・・行きたくない・・・・」

私は痛感していた。発言一つで窮地に追い込まれるのは、何も政治家や芸能人だけではないという事を・・・・。ベッドに寝転がり、自室の天井を見つめながら、延々とそんな事を考え続けていた。
しかし、この現状で、反省や後悔は意味を為さないものだった。

「ああ、、、、なんで、あんなこと言っちゃったんだろう・・・・・。」

ピンポーン(←呼び鈴)

誰かが訪ねてきた。そして、それは、私の予想通りではあるが期待通りの人間ではなかった。


8: ◆1Ro3D6ZDk6 :2009/06/04(木) 10:44:43.58 ID:OLgBsr56O

その日、私達はいつものように、音楽室でのティータイムを楽しんでいた。私があんなことを言い出すまでは・・・・

「ぅ~ん♪このお菓子ふわふわしててオイシイ~。もう一個・・・」

「コラッ、のぶんまで喰う気か。」

「だってぇ~、あずにゃん遅いんだもーん。」

「ンフフ、ちゃん、お菓子の代わりに紅茶はいかがですか?」

「うん、飲む~~~!」

その日の紅茶は特に美味しかったように思う・・・。も、も、ムギも、チョコレートスフレを食べながら、私達はずっと談笑を続けていた、いつものあの和やかな空間の中で・・・・なのに・・・
その空気は、今、完全に凍りついてしまった。うんうん、正確にいうと私が凍り付かせてしまったのだ。

「・・・・・」

「・・・・・」

「・・・・・」

「・・・(ヤバいッ!)」

椅子から立ち上がって、3人を見下ろす、、、、。はこちらから目を背けるように、うつむきながら紅茶をすすり、ですら目を合わせてくれない。唯は状況をよく理解しきれていないのかキョトンとしている。


9: ◆1Ro3D6ZDk6 :2009/06/04(木) 10:47:50.90 ID:OLgBsr56O

えっと、スレ立て代行を頼んだので>>1とはIDが違います。って事を一応言っておきます


12: ◆1Ro3D6ZDk6 :2009/06/04(木) 10:55:40.18 ID:OLgBsr56O

ガチャッ

「遅くなってすみません!! って、先輩達、まだティータイム中だったんですか?!」

あぁ、さっきがいなくて本当に良かった・・・・そんな事を考えながら、私はその場を離れる事にした。

「・・・ちょ、ちょっとトイレに行ってくる!」

と入れ替わるようにして、私は音楽室から出ていく。足は自然と駆け足になっていた。

「(・・・・先輩、どうかしたのかな?)」


13: ◆1Ro3D6ZDk6 :2009/06/04(木) 11:00:59.38 ID:OLgBsr56O

「もーう、今日は練習するって言ってたじゃないですか~~」

「・・・・・ああ、そうだったな。」

「・・・・ええ。」

唯「・・・・(キョトン)」

梓「・・・・(何か変だなぁ?) 先輩達、どうかしたんですか?」

「い、いやいやいやいや、何もなかったって」

梓「・・・・?(怪しい。明らかに動揺してる)」

「・・・ええ、いつも通りでしたよね?唯ちゃん?」

唯「うッ・・・・うん!」

梓「(まぁ、いっか)じゃあ、早く練習しましょう! 機材、準備しときますね?」


14: ◆1Ro3D6ZDk6 :2009/06/04(木) 11:02:23.36 ID:OLgBsr56O

律「えっと、でも・・・・あっ、やっぱり今日はもう帰ろう!」

「そ、そうしましょう。」

唯「う、うん。今日は帰った方がいいよ。」

梓「え~~~~?!!!」

律「なんか今日は、練習するぞ!って気にならないんだよな~。うん。」

梓「そ、そんなぁ~。」


18: ◆1Ro3D6ZDk6 :2009/06/04(木) 11:07:35.69 ID:OLgBsr56O

~帰り道~
唯「はぁ、、、、。(ちゃん・・・結局、部室に戻って来なかったなぁ・・・・)」

和「あっ! 唯~~!」

唯「あッ!和ちゃん。今日は帰るの遅いんだね。」

和「ちょっと生徒会の用事があってね。というより、むしろ唯が早いんじゃない? 今日、部活は?」

唯「うん、一応、行ったんだけど・・・・。」

和「・・・何かあったの?」

唯「・・・・ねえ、和ちゃん。人が普段、絶対言わないようなことを言っちゃう時って、どんな時かな?」

和「もしかして・・・・誰かに何かヒドいこと言われたの?!」

唯「うーん・・・・でもちゃんは普段、絶対にあんなこと言ったりする子じゃないよ!! だから和ちゃんは誤解しないであげて!!」

和「・・・・が何か言ったの?」

唯「(ハッ!しまった。澪ちゃんって言っちゃった!)」

和「ねぇ・・・・よかっから、何があったか教えてくれない?」


25: ◆1Ro3D6ZDk6 :2009/06/04(木) 11:15:11.58 ID:OLgBsr56O

私は、部室に荷物を取りに行くこともせず、そのまま家に帰った。どうしても部室に戻れなかったのだ。

澪「ああ、、、、なんで、あんなこと言っちゃったんだろう・・・・・。」

私は痛感していた。発言一つで窮地に追い込まれるのは、何も政治家や芸能人だけではないという事を・・・・。ベッドに寝転がり、自室の天井を見つめながら、延々とそんな事を考え続けていた。
しかし、この現状で、反省や後悔は意味を為さないものだった。

ピンポーン(←呼び鈴)

誰かが訪ねてきた。そして、それは、私の想いとは裏腹に、今、訪ねて来て欲しくない人間のうちの1人だった。

澪母「澪ーー、律ちゃんよー。」


29: ◆1Ro3D6ZDk6 :2009/06/04(木) 11:27:03.16 ID:OLgBsr56O

~秋山邸・玄関前~

律「・・・・よぅ、澪。カバン忘れてたぞ!」

澪「うん、ありがとう・・・・。」

律「ほい!」

私は律からカバンを受け取り、思い切って、ひとつ、ぶつけてみることにした。

澪「・・・・・あの後、梓に何か喋ったりしたか?」

律「いいや! そんな事するわけないだろ。」

澪「・・・・そう、、、。」

律「まぁ・・・・今日の事は心配するなって。澪にだって不満とか溜まってたりする時ぐらいあるって、みんな、分かってるさ。」

澪「別に・・・・そういうわけじゃないんだけど・・・・」

律「そうか・・・・。じゃあ、明日もちゃんと学校来いよー。特に梓が練習したがって仕方ないからな。」


30: ◆1Ro3D6ZDk6 :2009/06/04(木) 11:28:11.93 ID:OLgBsr56O

澪「ああ、、、。ゴメン。」

律「とにかく、今日のことは大丈夫だからな!・・・・私もムギも気にしてないし、唯なんか、もう忘れちまってんじゃねーの。なんせCコードすら忘れるヤツだからな。」

澪「うん。・・・・そうだな・・・。」

律「ああ!そうだ!・・・・じゃあ、また明日な。」

澪「じゃあ・・・。」

律にここまで励まされてしまう自分の精神状態が惨めだった・・・・。


36: ◆1Ro3D6ZDk6 :2009/06/04(木) 11:35:40.83 ID:OLgBsr56O

~澪の自室~
律の届けてくれた私のカバンの中には、見知らぬ本が入っていた。

澪「・・・ん?なんだろう、コレ?・・・・変なタイトルの本だな・・・・。」

私はその本を手に取ると同時に、メモらしき物が付いている事に気付いた。。

澪「手紙・・・か・・・?」

『澪ちゃんへ
澪ちゃんは繊細で優しい女の子だから、今日、澪ちゃんのことがどうしても心配になってしまいました。だから、私のわがままかもしれませんが、この本を贈らせてください。
私も澪ちゃんと同じで心を露わにするのが苦手です。そのせいで辛い気持ちや悲しい気持ちになることもあります。でも、そんな時は、本を読むようにしています。良い本を読むと自然と心が優しくなるんですよ。この本は、特に私のお気に入りで、何度もお世話になりました。
いろいろため込むのは良くないですよ? 一度、この本を読んでみてはいかがですか?心が洗われますよ。
By 琴吹 紬』

澪「・・・・ムギ(感涙)」

律といい、ムギといい、我ながら、良い友達を持った・・・・そんな友情の味を噛みしめながら、私は本のページを開いた・・・・。


40: ◆1Ro3D6ZDk6 :2009/06/04(木) 11:42:08.56 ID:OLgBsr56O

~翌日・教室~
澪「はぁ・・・・・(学校には来たけど、部活のみんなと顔を合わせ辛いなぁ・・・・)」

和「ねぇ、澪。どうしたの?溜め息なんか吐いちゃって。何か悩み事でもあるの?」

澪「あっ、和さん・・・。」

和「部のみんなには言いにくいことでも、私には何でも話して大丈夫だからね!いつでも相談に乗るわよ。絶対、唯にも言わないから、安心して。」

澪「(唐突すぎる、、、、怪しい、、、、。)・・・・もしかして・・・・唯から何か聞いた?」

和「(さ、察しが良いわね・・・・。)ええ、実は、そうなの。」

澪「唯は、、、、なんて言ってた・・・?」

和「“澪の様子が変だった”っていう風に言ってたわよ。ただ、いくら聞いても、具体的なことは何も話してくれなかったわ。」

澪「(唯・・・・、10年来の友達にも黙ってくれてるなんて・・・・(感涙)。)」

和「やっぱり、言いにくい? 」

澪「うん・・・ゴメン。」

和「・・・・とにかく、あんまり悩みすぎないでね。いつでも力になるから。」


47: ◆1Ro3D6ZDk6 :2009/06/04(木) 11:54:08.46 ID:OLgBsr56O

~放課後~
私は、音楽室の前に立ち、“みんなに言いたい事を言う決心”をつけるための心の整理をしていた。

澪「ふ~、、、、ヨシッ!」

ガチャッ(←音楽室の扉を開ける音)

律「あっ、、、、澪。オッス。」

唯「澪ちゃん!」

紬「モンブラン・・・・食べますか?」

唯「モブウラン、美味しいよ~♪」

律「モンブランだ!(ベシッ)」

澪「その前に、、、、みんなに言いたい事があります!」


48: ◆1Ro3D6ZDk6 :2009/06/04(木) 11:55:05.44 ID:OLgBsr56O

律「・・・・何だ?」

澪「私も含めて、みんな、昨日のことを気にし過ぎ!!」

律「べ、べ、別に気にしてなんかないよなぁ~?」

紬「えぇ。も、もちろんですぞ、じゃなくて、ですわ。」

唯「う、うん。(昨日、なんかあったっけ?)」

澪「その反応からして、気にしまくってるじゃないか?!」

澪「とにかく、もう私は心の整理をつけたから、気にしなくていいし、気まずくなる必要もないぞ!」


54: ◆1Ro3D6ZDk6 :2009/06/04(木) 12:11:30.60 ID:OLgBsr56O

澪「まず律!別に私は不満があるわけじゃないからな!」

律「あ! はい。」

澪「つぎ、唯!別に和さんに喋っても問題ないことだぞ!和さんに心配され過ぎて、逆に困ったじゃないか!」

唯「う、うん!(何を喋ればいいんだろう?)」

澪「最後にムギ! なんだ?この本は?」

紬「・・・・“マ○リア様が見てる”という学園恋愛小説ですわ。」

澪「タイトルも変だけど、それ以上に内容に問題があるだろ!!」

紬「高貴な女学園の生徒達の恋愛を描いた素晴らしい内容だと思・・・・・。やはりRー18では刺激が強過ぎましたか・・・・? でしたら、Rー15版のものをお貸し・・・

澪「いらーーーん!!私にそっちの趣味はないぞ。というわけで、この本は返す。」


56: ◆1Ro3D6ZDk6 :2009/06/04(木) 12:14:24.58 ID:OLgBsr56O

澪「確かに、あの時の私はおかしかったんだと思う・・・・。皆の顰蹙を買ってしまうような事も言った・・・・。それで、つい、トイレに行ったまま、家に帰っちゃったりもしたけど・・・・。」


………昨日のティータイム………

>>8の会話の続き

澪「私も、紅茶のお代わり! 」

律「おいおい。唯も澪も、何杯、飲む気だよ。」

澪「とか言いつつ、空のティーカップを差し出してるのは誰だ?」

律「テヘッ☆」

紬「皆さん、どんどん飲んでくださいね。テヘラン茶は淹れ立てが一番おいしいですから(^^)」

今、思うと、この紅茶のせいだったのかもしれない


57: ◆1Ro3D6ZDk6 :2009/06/04(木) 12:20:25.12 ID:OLgBsr56O

唯「それにしても、あずにゃん、遅いねぇ」

紬「委員会かクラスの係でもあるんでしょうか・・・」

澪「まさか・・・・梓・・・・今はまだ、私達がティータイムの時間を過ごしてるだろうから、と思って、わざと来てないんじゃ・・・・。」

律「まぁ、現にまだティータイム中だけどな~。」

唯「澪ちゃん!そんなわけないよ。こんなに美味しいチョコレートスフレを食べたくない人なんて、いるわけないもん。あずにゃんだってティータイムしたいはずだよ~♪」


59: ◆1Ro3D6ZDk6 :2009/06/04(木) 12:21:22.29 ID:OLgBsr56O

澪「梓はお前と違って、真面目な良い子なんだ。」

マッタリし過ぎている現状に危機感を抱いた私は、少し気合いをいれて、発言することにした。

澪「このままじゃ、いつ愛想尽かされるか分からないぞ!!!」
律「最初っから、そう言ってるけど、なんだかんだ、今んとこ大丈夫じゃん。」

澪「今は大丈夫でも、いつ大丈夫じゃなくなるか分からないだろ!!!」

紬「でも、最近は梓ちゃんもティータイムを楽しんできたみたいですよ♪」

澪「そうは言ってもな~、ムギ!!紅茶、お代わり!」

律「・・・って、結局、澪が一番ティータイムを満喫してるじゃんか。」

澪「こ・・・これが最後の一杯だ!」


79: ◆1Ro3D6ZDk6 :2009/06/04(木) 14:11:45.66 ID:OLgBsr56O

私は、最後の一杯を飲み終えた。
そしてトイレに行こうと思ったのか、練習しようと思ったのか、記憶は定かではないが・・・・
とにかく、椅子から立ち上がった。

澪「よっこらセックス。」

唯「!」
律「!」
紬「!」

澪「・・・・・(エッ、、、今、、、私、、、、なんて、、、?)」

唯「・・・・・」

律「・・・・・」

紬「・・・・・」

澪「・・・(ヤバいッ!)」

立ち上がって、3人を見下ろす、、、、。紬はこちらから目を背けるように、うつむきながら紅茶をすすり、律ですら目を合わせてくれない。唯は状況をよく理解しきれていないのかキョトンとしている。


80: ◆1Ro3D6ZDk6 :2009/06/04(木) 14:12:48.17 ID:OLgBsr56O

………現在………
澪「ちょっと口が滑っただけだ・・・・。だから、余計な心配しなくていい! よく考えたら、こんなのただの笑い話だよ。」

律「でも、そんな言葉がつい口に出ちゃうっていうのは、、、、真剣に欲求不満なんじゃないか・・・・?」

紬「やっぱり、この本が必要ですわ」

澪「だから、誤解しないでって言ってるだろー!」

ガチャッ

梓「こんにちはー。」

唯「あずにゃ~ん♪ 一緒にモーランブ食べよう!」

梓「食べますけど・・・・その後は昨日の分まで練習しましょうね。」

唯「わかってますとも!」

澪「(どっちが先輩か分からないな・・・・)」


83: ◆1Ro3D6ZDk6 :2009/06/04(木) 14:15:03.24 ID:OLgBsr56O

律「おーい、梓。面白い話聞かせてあげよっか?」

澪「へ? ま、待てぇえッ!律ぅ!!」

律「なんだよ、ただの笑い話じゃなかったのかよ^^」

澪「は、恥ずかしいだろうッ!」

律「えぇい、離せ! 私は澪の恥ずかしがった顔を見るのが日課なんだ!」

澪「お願いだから~。それだけはやめて~~(泣)」

紬「むふふふふぅ・・・・(まぁ、澪ちゃんったら、律ちゃんの後ろから激しく抱き付いて、、、、)」


84: ◆1Ro3D6ZDk6 :2009/06/04(木) 14:17:00.43 ID:OLgBsr56O

~練習中~
梓「先輩、エフェクター持ってきたんで、使ってもいいですか?」

律「もちろん、いいぞ。」

唯「エフェクター?」

澪「エフェクターっていうのは、音の歪みを作ったり、修正したり、音量を調節したり・・・・・」

紬「とりあえず、ギターの音色の幅を広げる機械のことよ。」
唯「ふーん(わかったようなわからないような、、、、。)」
梓が機材を移動しようとした時だった。

梓「よっこらセックス」

唯「!!」

澪「!!」

律「!!」

紬「!!」

梓「えっ、、、私、、、今、、、、。」

………完………


85: ◆1Ro3D6ZDk6 :2009/06/04(木) 14:18:42.10 ID:OLgBsr56O

最後に、俺の暇つぶしに付き合ってしまった野郎どもに哀れみを申し上げて、、、、(´_ゝ`)ノシ

あっ、言い忘れてたけど、このSSの登場人物は全員、俺の嫁で構成されています。


91:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/04(木) 14:30:28.74 ID:LUM68zWJO


律ちゃんは俺の嫁


TVアニメ「けいおん! ! 」キャラクターイメージCDシリーズ 「けいおん! ! 」イメージソング 中野梓
TVアニメ「けいおん! ! 」キャラクターイメージCDシリーズ 「けいおん! ! 」イメージソング 中野梓
キャサリン
キャサリン
キャサリン
アトラス 2011-02-17
売り上げランキング : 1


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


関連記事
スポンサーサイト
[ 2010/10/24 17:05 ] けいおん!!SS | TB(0) | CM(0) |このエントリーをはてなブックマークに追加 |このエントリーを含むはてなブックマーク |はてなブックマーク - 澪「学校・・・行きたくない・・・・」
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

タグリスト 改

伊原える千反田奉太郎摩耶花福部SS氷菓古典部折木かほ十文字入須冬実2ch上条当麻とある魔術の禁書目録ヤンデレとある御坂美琴禁書レールガン黒子超電磁砲食蜂操祈とある科学の超電磁砲番外個体一方通行VIPインデックス神裂上条御坂ゲームフィオナssデメント美琴佐天佐々木キョン涼宮ハルヒの憂鬱ハルヒ長門美少女古泉創作けいおんSSけいおん!!けいおん!朝比奈鶴屋さん当麻インデックスSS木山禁書SSレールガンSS東方霊夢メタリカみくるサキュバス俺の妹がこんなに可愛いわけがないラブプラス平野綾それでも町は廻っているかんなぎかんぱちTHEIDOLM@STER声優Lia東方二次創作紅魔城伝説IIFF14スクエニキャサリンアトラスペルソナ2小説京極夏彦ミステリーPS3グランツーリスモ5どん判金ドブ稲船カプコン2ちゃんねる週刊トロ・ステーションPS2ICOワンダと巨像おいしんぼ平野耕太Aチャンネル竹達彩奈戸松遥豊崎愛生悠木碧田中理恵早見沙織バイオゾンビエースコンバットACECOMBATxbox360痴漢妊娠GK箱○げんしけん二代目アフタヌーンソニーPSPgoとある魔術の禁書目録禁書小萌麦野フレンダ土御門ハルヒSS男SSSS初春妹SS女SS男SS少女SS少女姫子青ピ建宮姫神ひたぎイヒ戦場ヶ原阿良々木化物語打ち止め鶴屋朝倉パイナポゥ女体化五和垣根海原絹旗浜面冥土返しエツァリ笑うセールスマン喪黒京介沙織桐乃黒猫俺妹あやせ加奈子DTB兄SS化物語SS羽川神原撫子忍野御坂妹ねーちんポケモンカスミサトシポケモンSSタケシリュウベガケンサガットストリートファイター春麗国木田谷口金田一コナンエヴァエヴァンゲリオンジブリ宮崎駿レッドブラックホワイト^q^おわり^q^高須竜児実乃梨祐作大河逢坂とらドラ!北村櫛枝1Q84村上春樹ストライクウィッチーズ2ストパンストパンSSストライクウィッチーズサーニャエイラエイラーニャ月刊朝倉SSけいおん女騎士百合執事結標ゲルトストライクウィッチーズ2宮藤芳佳坂本リーネHUNTER×HUNTERJUMローゼンメイデン蒼星石水銀燈めぐ真紅のり翠星石夏目漱石二葉亭四迷エヴァSSシンジレイアスカニュースさわ子ムギみおりつDARKER黒の契約者ハヴォックBLACKTHAN坂本美緒もっさんミーナ戸愚呂北斗の拳はやてなのはSSヴィヴィオ魔法少女リリカルなのはフェイトなのはミサトドラクエSS勇者ドラクエ魔法使い賢者勇者SS戦士

プロフィール

山田

Author:山田
プロフィール

TOP絵・まとめ依頼募集中!!

リンクフリー

相互リンク・相互RSSも募集してます!

メールフォームまで宜しくお願いしますm(_ _)m

管理人への連絡

コメント・メールフォームどちらでもいいので、ご意見・ご感想をお寄せください。宜しくお願いします。



IEだと一部表示が崩れるみたいです。改善中ですので、もう少しお待ち下さい。(それまではFirefox推奨です)

RSS整理中です。
相互リンク・RSSをして下さっているサイト様を優先して表示したいので、相互ではないサイト様は非表示にしています。

相互しているのに自分のサイトのリンク・RSSが表示されていないという場合は御連絡下さい、早急に対処致します。

相互リンク・RSSをして下さっているサイト管理者様向け御連絡

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサードリンク
人気ページランキング
検索フォーム
QRコード
QR
おすすめ2
銀の匙 Silver Spoon 3 銀のスプーンつき特別版 (少年サンデーコミックス)
銀の匙 Silver Spoon 3 銀のスプーンつき特別版 (少年サンデーコミックス)
銀の匙 Silver Spoon 2 (少年サンデーコミックス)
銀の匙 Silver Spoon 2 (少年サンデーコミックス)
銀の匙 Silver Spoon 1 (少年サンデーコミックス)
銀の匙 Silver Spoon 1 (少年サンデーコミックス)
もやしもん(11) (イブニングKC)
もやしもん(11) (イブニングKC)
3月のライオン 7 (ジェッツコミックス)
3月のライオン 7 (ジェッツコミックス)
咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A(1) (ガンガンコミックス)
咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A(1) (ガンガンコミックス)
咲Saki(9) (ヤングガンガンコミックス)
咲Saki(9) (ヤングガンガンコミックス)
HELLSING official guide book~ヘ (ヤングキングコミックス)
HELLSING official guide book~ヘ (ヤングキングコミックス)
東方茨歌仙 ~Wild and Horned Hermit. (2) (REXコミックス)
東方茨歌仙 ~Wild and Horned Hermit. (IDコミックス) (IDコミックス REXコミックス)
東方茨歌仙 ~Wild and Horned Hermit. (IDコミックス) (IDコミックス REXコミックス)
ワイド版 風の谷のナウシカ7巻セット「トルメキア戦役バージョン」 (アニメ-ジュ・コミックス・ワイド版)
ワイド版 風の谷のナウシカ7巻セット「トルメキア戦役バージョン」 (アニメ-ジュ・コミックス・ワイド版)
THE IDOLM@STER ビジュアルコレクション 上 (メガミマガジンスペシャルセレクション)
THE IDOLM@STER ビジュアルコレクション 上 (メガミマガジンスペシャルセレクション)
うさぎドロップ 10 番外編 (Feelコミックス)
うさぎドロップ 10 番外編 (Feelコミックス)

ペルソナ4 7【完全生産限定版】 [Blu-ray]
ペルソナ4 7【完全生産限定版】 [Blu-ray]
ペルソナ4 5【完全生産限定版】 [Blu-ray]
ペルソナ4 5【完全生産限定版】 [Blu-ray]
ペルソナ4 4【完全生産限定版】 [Blu-ray]
ペルソナ4 4【完全生産限定版】 [Blu-ray]
ペルソナ4 3 【完全生産限定版】 [Blu-ray]
ペルソナ4 3 【完全生産限定版】 [Blu-ray]
ペルソナ4 2 【完全生産限定版】 [Blu-ray]
ペルソナ4 2 【完全生産限定版】 [Blu-ray]
ペルソナ4 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]
ペルソナ4 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]
『ブラック★ロックシューター』Blu-rayBOX【完全生産限定版】
『ブラック★ロックシューター』Blu-rayBOX【完全生産限定版】
『Fate/Zero』 Blu-ray Disc Box Ⅰ
『Fate/Zero』 Blu-ray Disc Box Ⅰ
『カーニバル・ファンタズム』3rd Season 初回限定版 (Blu-ray)
『カーニバル・ファンタズム』3rd Season 初回限定版 (Blu-ray)
『カーニバル・ファンタズム』2nd Season 初回限定版 (Blu-ray)
『カーニバル・ファンタズム』2nd Season 初回限定版 (Blu-ray)
『カーニバル・ファンタズム』1st Season 初回限定版 (Blu-ray)
『カーニバル・ファンタズム』1st Season 初回限定版 (Blu-ray)
TAKE MOON 武梨えり TYPE-MOON作品集 特別版
TAKE MOON 武梨えり TYPE-MOON作品集 特別版
月の珊瑚(星海社朗読館) (星海社FICTIONS)
月の珊瑚(星海社朗読館) (星海社FICTIONS)
劇場版 「空の境界」終章/空の境界 [DVD]
劇場版 「空の境界」終章/空の境界 [DVD]
劇場版「空の境界」Blu-ray Disc BOX
劇場版「空の境界」Blu-ray Disc BOX
ドクターペッパー 350ml×24本
ドクターペッパー 350ml×24本
カオスヘッド&シュタインズ・ゲート 科学アドベンチャーシリーズ マニアックス
カオスヘッド&シュタインズ・ゲート 科学アドベンチャーシリーズ マニアックス
アクセスランキング
FC2カウンター
全記事表示リンク
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
1194位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
2chまとめブログ
159位
アクセスランキングを見る>>
最新トラックバック
ブログランキング 
FC2ブログランキング
FC2ブックマーク


アクセスランキング ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。