ヘッドライン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-) |このエントリーをはてなブックマークに追加 |このエントリーを含むはてなブックマーク |はてなブックマーク - スポンサーサイト

梓「唯先輩依存症」

9:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/04(木) 18:10:50.72 ID:33cNJPef0

私は、唯先輩に依存しているのかも知れない。




――――― ――


10: ◆8S0pRhHoCE :2010/11/04(木) 18:11:38.80 ID:33cNJPef0

一応酉つけとく。


13: ◆8S0pRhHoCE :2010/11/04(木) 18:15:23.14 ID:33cNJPef0

「あーずにゃんっ」
「にゃっ!?」

やっぱり、いつまで経っても慣れない。
唯先輩に抱き着かれるのは。

私は元々、スキンシップなんてしないタイプだったし、どちらかといえば寧ろ、
誰かに抱き着いたり抱き着かれたりするのは、たとえどれだけ仲の良い友達だったと
しても苦手だった。

だから最初、唯先輩に抱き着かれることに抵抗を覚えて、「あ、この人苦手だな」
なんて思ってしまっていた。
もちろん、今はそんなこと思ってないけど、それでも抱き着かれることについては、
慣れるものじゃない。


17: ◆8S0pRhHoCE :2010/11/04(木) 18:19:55.06 ID:33cNJPef0

「どうしたの、あずにゃん?最近元気ないけど?」

唯先輩が、私の頬を人差し指で突きながら訊ねてきた。
私は「何でもないです」と顔を背けた。

もうすぐで、季節は春になる。
窓から見える校門へと続く道が、桜で満開になる頃、先輩たちは卒業してしまう。
そのことを考えてしまって、最近じゃ練習だってまともに出来ない。

「ほんとにー?」
「ほんとです」

あぁ、どうしてだろう。
軽音部に入りたての頃みたいに、唯先輩に対しての態度が悪くなってしまう。
ほんとはもっと、素直になりたいのに。


21: ◆8S0pRhHoCE :2010/11/04(木) 18:25:02.48 ID:33cNJPef0

私は首に回された唯先輩の手を解くと、ギターケースに手を掛けた。
本当に、自分が嫌になる。

後ろを振り向かなくても、唯先輩が悲しそうな顔をしているのは想像できた。
だから私は、唯先輩のほうを向かなかった。

「あ、そうだあずにゃん、次の土曜日、暇?」

私がギターをチューニングしだすと、それを黙って見ていた唯先輩が、突然
訊ねてきた。
今日は他の先輩方は、用事があるらしく部室にはいなかった。

「次の土曜日、ですか?……暇ですけど」
「それなら一緒に遊びに行かない?」


37: ◆8S0pRhHoCE :2010/11/04(木) 19:42:19.69 ID:QdP6H3U40

「はあ……二人だけ、ですか?他にも誰か……」
「二人だけだよ」

私は曖昧に頷いてから訊ねると、唯先輩はきょとんとしながら答えた。
唯先輩と一緒に遊びに行くは大して珍しくないけど、
それは軽音部の皆でというのが殆どだったので、二人だけなんて珍しい。

やっぱり、卒業前、だからかな?
お別れを言うために?
まさかお礼参り?
……は唯先輩に関してはないよね。

何にしても、変なもやもやが私を襲った。


38: ◆8S0pRhHoCE :2010/11/04(木) 19:47:28.96 ID:QdP6H3U40

唯先輩に、「何かあるんですか」と訊ねようとしたとき、タイミング悪くチャイムが
鳴った。
下校時間のチャイムだった。

唯先輩がのんびりした動作で「帰ろっか」とカバンを持った。
私は聞くタイミングを逃してしまって、「はい」と大人しくギターをケースに仕舞った。




39: ◆8S0pRhHoCE :2010/11/04(木) 19:53:51.27 ID:QdP6H3U40

校門をくぐって、いつもの場所で唯先輩と別れても、次の日になっても、
ずっと変なもやもやは消えてくれなかった。

部活でも、唯先輩は抱き着いてくるけど私はそれを適当にあしらうだけで、
何も聞こうとしなかった。
何となく、聞けなかった。

結局そのまま、一週間が過ぎていった。
金曜日、唯先輩から一通のメールが届いた。

『あずにゃん、明日は駅前に集合だよ!』


42: ◆8S0pRhHoCE :2010/11/04(木) 20:05:33.65 ID:QdP6H3U40

>>39
ミス。

『あずにゃん、明日は朝9時に駅前に集合だよ!』に脳内で修正お願いします。


43: ◆8S0pRhHoCE :2010/11/04(木) 20:09:30.83 ID:QdP6H3U40

『わかりました』

私はそれだけ書いて返信をした。
その返信は、当たり前と言っちゃ当たり前だけど、少しだけ私を不安にさせた。



「おはよー、あずにゃん!」

少し遅れて待ち合わせ場所に行くと、唯先輩は早速私に抱き着いてきた。
そうしてくるだろうとは予想していたので、変な声は上げずにすんだ。

「おはようございます」
「あずにゃんの私服、可愛いねえ」
「唯先輩も……」

頬をすり寄せてくる唯先輩を何とか離そうとしながら私は言った。
唯先輩が「そう?」と言って嬉しそうに笑う。

「今日はね、あずにゃんと遊ぶから憂にも手伝ってもらってとびっきりお洒落して
きたんだよー」


49: ◆8S0pRhHoCE :2010/11/04(木) 20:27:53.22 ID:QdP6H3U40

「なんですか、それ」
「だって、あずにゃんには可愛く見られたいもんっ」

呆れて溜息をつくと、唯先輩が頬を膨らませた。
私は目を逸らすと、「それで、どこ行くんですか」と話を逸らした。

「あ、うん、あずにゃんはどこ行きたい?」
「え!?決めてなかったんですか!?」
「えへへ」

悪びれなく頷いて笑う唯先輩に、今度こそ本当に呆れてしまった。
どこか行く場所があるから誘ったというような言い方をしていたので、てっきり
決めていると思っていたから。


51: ◆8S0pRhHoCE :2010/11/04(木) 20:48:51.02 ID:QdP6H3U40

「でも私、大して行きたい場所とか、ないですよ?」
「うん。私はあずにゃんと一緒に行けたらどこでもいいよ」
「……はあ。それなら……ペットショップは?」

唯先輩の冗談に何を言う気にもなれずに、私はとりあえずうるさい駅前から
離れようと提案した。
唯先輩が「おぉ」と謎の声を上げた。

「あずにゃん、何か動物飼いたいの?」
「あ、いえ!」
「でも猫とか飼ってみたらいいのにー。あずにゃんと猫かー、ふふっ」
「何想像してるんです」
「べっつにー」

唯先輩は相変わらず「ふふふ」と笑いながら、突然私の手を掴んで「しゅっぱーつ」と
歩き出した。
私は、恥ずかしくて手を繋いで歩いているように見られたくなくて、わざと唯先輩の
後ろのほうを歩いた。


52: ◆8S0pRhHoCE :2010/11/04(木) 20:56:04.10 ID:QdP6H3U40


「先輩、先輩!猫ですよ、猫がいますっ」
「だって、ここペットショップだもん」
「あぁ!今欠伸しました!すごい、可愛い!」

唯先輩が、疲れたように「うん、そうだね」と相槌を打った。
ペットショップを回り始めて、今は三軒目。
「そろそろ違う場所行かない?」と言う唯先輩を無視して、私は猫を見て目を
細めた。

「あずにゃんって動物、そんなに好きだったんだね……」
「はい!」

勢いでペットショップと言った私だけど、まさかそんな私がここまでペットショップ
巡りに熱中してしまうとは自分でも思わなかった。

私が動物の入っているゲージから離れたのは、そろそろお昼時の頃だった。

「なんというか……。すいません、唯先輩」

流石の私も、ぐったりしている唯先輩に頭を下げた。
「動物、苦手だったんですか?」と訊ねると「違うよ」と唯先輩は首を振った。

「ただあれだけ一度にペットショップ行くと、さすがに飽きてきちゃって」
「う、すいません……」


55:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/04(木) 21:23:48.41 ID:QdP6H3U40

「ううん、あずにゃんが楽しそうで良かったよ」

唯先輩がふんわり笑って私の頭を撫でてくれた。
それから、「じゃあ次は私の行きたい場所、行っていい?」と訊ねてきた。

「結局行きたいとこあったんじゃないですか!」
「違うよ、今思い出しただけだよ!」

唯先輩の目が泳いでる。
きっと、最初からそこに行くつもりしてたんだ。
けどそれならどうして先にそっちに行かなかったんだろう。

「それで、どこに?」
「うん、すぐそこ」
「へ?」


58:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/04(木) 21:34:48.49 ID:QdP6H3U40

唯先輩が指差した先は、いつか一緒にギターの練習をした河原だった。
いつのまにこんな場所に来てたんだろう。
気が付かなかった。

「でも、ここで何するんですか?何もすることないじゃないですか」
「うん、そうなんだけどね。もう一回、あずにゃんと二人でここに来てみたかったんだ」

唯先輩はそう言うと、私の手を引いて、以前の場所に私を座らせ、唯先輩も
私の隣に腰を下ろした。
それっきり、無言のまま、ただ時間だけが過ぎていった。

何か言わなくちゃ、と思いながら唯先輩の横顔をちらりと盗み見ると、唯先輩の表情は
どきんとするほど大人びていた。

あれ?唯先輩ってこんな顔、したことあったっけ?


60:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/04(木) 22:05:09.63 ID:QdP6H3U40

「ねえ、あずにゃん」

ふいに、唯先輩が口を開いて私を見る。
目が合った。
無意識のうちに、私は唯先輩から目を逸らしてしまった。

「あずにゃんは、私のこと、嫌いなんだよね?」

「……え?」

突然、それは本当に突然のことで。
私は驚いてしまい、何も答えることが出来なかった。
唯先輩は、前に向き直ると、言葉を続けた。

「私、知ってたよ。あずにゃんが私に抱き着かれるの嫌がってたの」


62:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/04(木) 22:11:40.33 ID:QdP6H3U40

そんなことないです!
そう言いたいのに、声が出ない。
唯先輩の顔が、あまりにも真剣だったから。

「けど私はあずにゃんのこと、大好きだったし、あずにゃんに抱き着くことだって。
あ、今でも大好きだけどね」

だけど、あずにゃんは嫌だったよね?

唯先輩はそう言って、「ごめんね」と悲しそうに微笑んだ。
胸が締め付けられるような思いがした。

「でも良かったね、あずにゃん!私、もうすぐ卒業するんだから」


63:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/04(木) 22:22:53.96 ID:QdP6H3U40

唯先輩、違います!

「あずにゃん、やっと私から離れられるよ」

私は……!

「今までごめんね、それから沢山、色々してくれてありがとう」

待って下さい、唯先輩!

手を伸ばした。
届かなかった。
唯先輩は、振り向かずに行ってしまった。

私はその場所に一人、取り残された。


64:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/04(木) 22:31:40.47 ID:QdP6H3U40

――――― ――

私は、唯先輩に依存しているのかも知れない。

抱き着かれることだって、唯先輩と一緒にいることだって、
本当は私は大好きで。

唯先輩が、あまりにも優しいから、私はその優しさに甘えていただけだった。
唯先輩を引っ張っているつもりが、本当は引っ張られてた。支えられていた。

私は、唯先輩に依存している。
だけど、唯先輩は卒業してしまう。

私は、一人じゃ、唯先輩がいなきゃ立っていられないのに。


65:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/04(木) 22:44:19.85 ID:QdP6H3U40


「平沢唯」

唯先輩の名前が呼ばれる。
「はいっ」と元気な声で返事をして、唯先輩は壇上に上っていった。

卒業証書を受取った唯先輩の表情は、晴れ晴れしていた。

本当に、卒業しちゃうんだ。
本当に、いなくなっちゃうんだ。

卒業式は、終わりに近付いていた。
教頭先生の号令がかかり、卒業生は退場していく。

私は必死に唯先輩の姿を探したけど、目の前が霞んで見つけられなかった。


66:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/04(木) 22:49:07.17 ID:QdP6H3U40

臆病な私は、最後まで唯先輩を追いかけることが出来なかった。
部室に顔を出すことさえ怖くて、私は教室で一人、卒業生が帰っていくまで時間を
潰した。

下校時間のチャイムが鳴る。
そろそろ帰らなきゃ……。

私はいつかの唯先輩みたいに、緩慢な仕草でカバンを肩に掛ける。
教室の扉を開けようとしたとき、計ったかのように突然、ドアが開いた。

「帰ろっか、あずにゃん」


67:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/04(木) 22:55:02.61 ID:QdP6H3U40

「ゆい、せんぱい……?」

「やっぱだめだよ、あずにゃん」

唯先輩はそう言って笑い、何の前触れもなく私を抱き締めた。
久しぶりに感じる唯先輩の温もり。
ずっとずっと、欲しかった唯先輩の体温。

「唯先輩、私……」

伝えなきゃ。
私は唯先輩のことが大好きなんだって。
嫌いなんかじゃないって。

「ごめんね」

だけど唯先輩は、私の言葉を遮るように謝った。


68:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/04(木) 22:59:15.98 ID:QdP6H3U40

どうして唯先輩が謝るんですか。
謝らなきゃいけないのは、私なのに。

「あずにゃんに迷惑掛けちゃいけないって思ってたのに……。何でだろうね、
あずにゃんに抱きつかなきゃ落ち着かなくって……。あずにゃんと話したくて、
あずにゃんに触れたくて……」

唯先輩が、私の背中に回した腕の力を強くしながら、掠れた声で、言葉を紡いでいく。

「私、あずにゃんに依存してるのかも」

そして、唯先輩はそう呟くと、自嘲じみた笑顔を浮かべてまた、「ごめん」と謝って
私の肩に顔を埋めた。


70:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/04(木) 23:05:50.23 ID:QdP6H3U40

「私だって……」

私は、初めて唯先輩の背中に自分の腕を回して、呟いた。
唯先輩が、「ん?」とくぐもった声を出す。

「私だって、唯先輩に依存、してるかもです」

「……へ?」

「唯先輩と話さなくなったあの日から、ずっとずっとずっと、唯先輩のことしか
考えられませんでした。唯先輩の温もりが、恋しかった。確かに私は抱き着かれること
とか苦手です、けど唯先輩に抱き着かれるのは好きなんです!」

「あずにゃん……」

「唯先輩のことが、大好きなんですっ……!」

ちゃんと自分の想いは伝えられたのに。
涙が溢れ出てきた。
唯先輩は、暫く黙り込むと、「ありがとう」と囁いた。

「お互い、依存症になっちゃったね」

止め処なく溢れてくる涙を拭ってくれながら、唯先輩はそう言って笑った。
「これじゃあ卒業できないよ」と。


75:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/04(木) 23:49:06.51 ID:5o24KBsh0

「卒業、しないでください……っ」

私は言った。
心の底から、本気でそう思った。

卒業しないで欲しいって。
無理だってわかってるのに。

「ごめんね、あずにゃん……」

唯先輩は私の頭を宥めるように撫でてくれた後、
「大丈夫だよ」と言った。

「私たち、これだけ想い合ってるんだから……。離れてたって、大丈夫」

私は大丈夫なんかじゃない。
なのに。
唯先輩の笑顔を見ると、本当にそうかもと思えてくる。

「ねえあずにゃん。あずにゃんが私たちの大学に来るまでは、あずにゃんを抱き締める
のはお預け。だからあずにゃん、絶対私たちの大学来て、また一緒にバンドやろう」

待ってる。

唯先輩はそう言い残して、私から離れていった。
私はもう、唯先輩に手を伸ばさない。

「待っててください」

唯先輩の背中に、私は叫んだ。


76:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/04(木) 23:53:36.86 ID:5o24KBsh0

――――― ――

私は、唯先輩に依存している。
だけど、離れてたって大丈夫。

だって。
私たちは、心が繋がってるから。


終わる。


77:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/04(木) 23:55:58.29 ID:5o24KBsh0

地の文についてアドバイスくださった方、ありがとうございました。
こんなぐだぐだなSSに最後まで付き合ってくださった方も、ありがとうございます。
それでは。


83:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/05(金) 00:16:35.38 ID:yxq19Y8A0

>>77
あーだこーだ言っている連中は、おまえさんの10分の1もうまく書けやしないんだから
気にしないのが吉


79:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/04(木) 23:57:26.10 ID:+6Sp6exG0

いや普通に良かったよ
またなんか書いてね



ブラック★ロックシューター THE GAME(限定版:オリジナルフィギュア figma「ブラック★ロックシューター(White)【仮】」、ブラック★ロックシューターアートワークス【仮】、リミテッドサウンドトラック同梱)(発売日未定)
ブラック★ロックシューター THE GAME(限定版:オリジナルフィギュア figma「ブラック★ロックシューター(White)【仮】」、ブラック★ロックシューターアートワークス【仮】、リミテッドサウンドトラック同梱)(発売日未定)

関連記事
スポンサーサイト
[ 2010/12/09 12:05 ] けいおん!!SS | TB(0) | CM(0) |このエントリーをはてなブックマークに追加 |このエントリーを含むはてなブックマーク |はてなブックマーク - 梓「唯先輩依存症」
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

タグリスト 改

伊原える千反田奉太郎摩耶花福部SS氷菓古典部折木かほ十文字入須冬実2ch上条当麻とある魔術の禁書目録ヤンデレとある御坂美琴禁書レールガン黒子超電磁砲食蜂操祈とある科学の超電磁砲番外個体一方通行VIPインデックス神裂上条御坂ゲームフィオナssデメント美琴佐天佐々木キョン涼宮ハルヒの憂鬱ハルヒ長門美少女古泉創作けいおんSSけいおん!!けいおん!朝比奈鶴屋さん当麻インデックスSS木山禁書SSレールガンSS東方霊夢メタリカみくるサキュバス俺の妹がこんなに可愛いわけがないラブプラス平野綾それでも町は廻っているかんなぎかんぱちTHEIDOLM@STER声優Lia東方二次創作紅魔城伝説IIFF14スクエニキャサリンアトラスペルソナ2小説京極夏彦ミステリーPS3グランツーリスモ5どん判金ドブ稲船カプコン2ちゃんねる週刊トロ・ステーションPS2ICOワンダと巨像おいしんぼ平野耕太Aチャンネル竹達彩奈戸松遥豊崎愛生悠木碧田中理恵早見沙織バイオゾンビエースコンバットACECOMBATxbox360痴漢妊娠GK箱○げんしけん二代目アフタヌーンソニーPSPgoとある魔術の禁書目録禁書小萌麦野フレンダ土御門ハルヒSS男SSSS初春妹SS女SS男SS少女SS少女姫子青ピ建宮姫神ひたぎイヒ戦場ヶ原阿良々木化物語打ち止め鶴屋朝倉パイナポゥ女体化五和垣根海原絹旗浜面冥土返しエツァリ笑うセールスマン喪黒京介沙織桐乃黒猫俺妹あやせ加奈子DTB兄SS化物語SS羽川神原撫子忍野御坂妹ねーちんポケモンカスミサトシポケモンSSタケシリュウベガケンサガットストリートファイター春麗国木田谷口金田一コナンエヴァエヴァンゲリオンジブリ宮崎駿レッドブラックホワイト^q^おわり^q^高須竜児実乃梨祐作大河逢坂とらドラ!北村櫛枝1Q84村上春樹ストライクウィッチーズ2ストパンストパンSSストライクウィッチーズサーニャエイラエイラーニャ月刊朝倉SSけいおん女騎士百合執事結標ゲルトストライクウィッチーズ2宮藤芳佳坂本リーネHUNTER×HUNTERJUMローゼンメイデン蒼星石水銀燈めぐ真紅のり翠星石夏目漱石二葉亭四迷エヴァSSシンジレイアスカニュースさわ子ムギみおりつDARKER黒の契約者ハヴォックBLACKTHAN坂本美緒もっさんミーナ戸愚呂北斗の拳はやてなのはSSヴィヴィオ魔法少女リリカルなのはフェイトなのはミサトドラクエSS勇者ドラクエ魔法使い賢者勇者SS戦士

プロフィール

山田

Author:山田
プロフィール

TOP絵・まとめ依頼募集中!!

リンクフリー

相互リンク・相互RSSも募集してます!

メールフォームまで宜しくお願いしますm(_ _)m

管理人への連絡

コメント・メールフォームどちらでもいいので、ご意見・ご感想をお寄せください。宜しくお願いします。



IEだと一部表示が崩れるみたいです。改善中ですので、もう少しお待ち下さい。(それまではFirefox推奨です)

RSS整理中です。
相互リンク・RSSをして下さっているサイト様を優先して表示したいので、相互ではないサイト様は非表示にしています。

相互しているのに自分のサイトのリンク・RSSが表示されていないという場合は御連絡下さい、早急に対処致します。

相互リンク・RSSをして下さっているサイト管理者様向け御連絡

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサードリンク
人気ページランキング
検索フォーム
QRコード
QR
おすすめ2
銀の匙 Silver Spoon 3 銀のスプーンつき特別版 (少年サンデーコミックス)
銀の匙 Silver Spoon 3 銀のスプーンつき特別版 (少年サンデーコミックス)
銀の匙 Silver Spoon 2 (少年サンデーコミックス)
銀の匙 Silver Spoon 2 (少年サンデーコミックス)
銀の匙 Silver Spoon 1 (少年サンデーコミックス)
銀の匙 Silver Spoon 1 (少年サンデーコミックス)
もやしもん(11) (イブニングKC)
もやしもん(11) (イブニングKC)
3月のライオン 7 (ジェッツコミックス)
3月のライオン 7 (ジェッツコミックス)
咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A(1) (ガンガンコミックス)
咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A(1) (ガンガンコミックス)
咲Saki(9) (ヤングガンガンコミックス)
咲Saki(9) (ヤングガンガンコミックス)
HELLSING official guide book~ヘ (ヤングキングコミックス)
HELLSING official guide book~ヘ (ヤングキングコミックス)
東方茨歌仙 ~Wild and Horned Hermit. (2) (REXコミックス)
東方茨歌仙 ~Wild and Horned Hermit. (IDコミックス) (IDコミックス REXコミックス)
東方茨歌仙 ~Wild and Horned Hermit. (IDコミックス) (IDコミックス REXコミックス)
ワイド版 風の谷のナウシカ7巻セット「トルメキア戦役バージョン」 (アニメ-ジュ・コミックス・ワイド版)
ワイド版 風の谷のナウシカ7巻セット「トルメキア戦役バージョン」 (アニメ-ジュ・コミックス・ワイド版)
THE IDOLM@STER ビジュアルコレクション 上 (メガミマガジンスペシャルセレクション)
THE IDOLM@STER ビジュアルコレクション 上 (メガミマガジンスペシャルセレクション)
うさぎドロップ 10 番外編 (Feelコミックス)
うさぎドロップ 10 番外編 (Feelコミックス)

ペルソナ4 7【完全生産限定版】 [Blu-ray]
ペルソナ4 7【完全生産限定版】 [Blu-ray]
ペルソナ4 5【完全生産限定版】 [Blu-ray]
ペルソナ4 5【完全生産限定版】 [Blu-ray]
ペルソナ4 4【完全生産限定版】 [Blu-ray]
ペルソナ4 4【完全生産限定版】 [Blu-ray]
ペルソナ4 3 【完全生産限定版】 [Blu-ray]
ペルソナ4 3 【完全生産限定版】 [Blu-ray]
ペルソナ4 2 【完全生産限定版】 [Blu-ray]
ペルソナ4 2 【完全生産限定版】 [Blu-ray]
ペルソナ4 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]
ペルソナ4 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]
『ブラック★ロックシューター』Blu-rayBOX【完全生産限定版】
『ブラック★ロックシューター』Blu-rayBOX【完全生産限定版】
『Fate/Zero』 Blu-ray Disc Box Ⅰ
『Fate/Zero』 Blu-ray Disc Box Ⅰ
『カーニバル・ファンタズム』3rd Season 初回限定版 (Blu-ray)
『カーニバル・ファンタズム』3rd Season 初回限定版 (Blu-ray)
『カーニバル・ファンタズム』2nd Season 初回限定版 (Blu-ray)
『カーニバル・ファンタズム』2nd Season 初回限定版 (Blu-ray)
『カーニバル・ファンタズム』1st Season 初回限定版 (Blu-ray)
『カーニバル・ファンタズム』1st Season 初回限定版 (Blu-ray)
TAKE MOON 武梨えり TYPE-MOON作品集 特別版
TAKE MOON 武梨えり TYPE-MOON作品集 特別版
月の珊瑚(星海社朗読館) (星海社FICTIONS)
月の珊瑚(星海社朗読館) (星海社FICTIONS)
劇場版 「空の境界」終章/空の境界 [DVD]
劇場版 「空の境界」終章/空の境界 [DVD]
劇場版「空の境界」Blu-ray Disc BOX
劇場版「空の境界」Blu-ray Disc BOX
ドクターペッパー 350ml×24本
ドクターペッパー 350ml×24本
カオスヘッド&シュタインズ・ゲート 科学アドベンチャーシリーズ マニアックス
カオスヘッド&シュタインズ・ゲート 科学アドベンチャーシリーズ マニアックス
アクセスランキング
FC2カウンター
全記事表示リンク
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
936位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
2chまとめブログ
137位
アクセスランキングを見る>>
最新トラックバック
ブログランキング 
FC2ブログランキング
FC2ブックマーク


アクセスランキング ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。