ヘッドライン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-) |このエントリーをはてなブックマークに追加 |このエントリーを含むはてなブックマーク |はてなブックマーク - スポンサーサイト

上条「打ち止が好きだ」 美琴「死にたいの?」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/20(月) 19:50:26.25 ID:PMlyzffA0

※シマウマ・パラレルワールドSS  Take1 


「今度はカキ氷が食べたいんだよってミサカはミサカはオネダリしてみたりぃ!」

「そうか。カキ氷が食べたいのか! よし、上条さんが買ってやるぞぉ!」

ここはショッピングモールのフードコート。

上条打ち止めと手を繋ぎながらスキップし、自然な動作でカキ氷屋に行こうとした。


「……っ!?」

それを遠目から見ていた御坂美琴は呆然と立ち尽くしていた。

(なんであのバカが打ち止めと仲良くしてるの!? あんなに楽しそうに
 しているアイツは始めて見るわ。凄く幸せそうで…顔色までいいじゃない。
 まままま、まさか…まさかとは思うけど……アイツは……ロリコンなの!?)


3:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/20(月) 19:54:43.03 ID:PMlyzffA0


そう考えていると、カキ氷(イチゴ味)を手にした上条
ベンチに座り、緩やかな動作で打ち止めに食べさせようとしていた。

打ち止めちゃんは可愛いから、特別に上条さんが食べさせてあげますからね」

「わーい! とってもうれしいんだよってミサカはミサカは大きく口を開けてみたり!」

その姿は、仲の良い兄妹、もしくは年の離れたカップルだろうか。



なお、美琴の瞳には後者として移っていた。

(アイツは確かに打ち止めに対して可愛いって言ったわ……。まだ私だって
 言われたことないのに……!! このもどかしい気持ちは何!?)

彼女は無意識の内に強力な電流を帯びていた。


4:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/20(月) 19:59:02.36 ID:PMlyzffA0

そしてゆっくりと上条たちのところへ近づき……

「ちょっと、あんた! その子とはどういう関係なの!?」

凄まじい剣幕で言い寄るのだが……


打ち止め氏。今度は俺にも食べさせてくれ」

「あはは。当麻はまるで子供みたいなんだよってミサカはミサカは微笑んでみたり」

「子供というよりはシマウマかな。とにかく早く食べさせてくれ。もう限界だ」

「うん。あーんしてとミサカはミサカはスプーンを差し出してみたり」

「はぁ……はぁ……幼女にあーんしてもらえた。もう死んでもいいです」


彼らは美琴に気がついてないのか、それとも無視しているかは定かでは
ないが、二人だけの空間を作り出していた。


6:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/20(月) 20:03:36.90 ID:PMlyzffA0

「人の話を……」

地団太を踏んだ後、おきまりのビリビリ攻撃を展開しようとし…

「聞きなさいって言ってんd」

「おい。何してる」

「!?」

上条に止められる。


いつの間にか上条美琴に超接近しており、彼女の手を右手で押さえている。

「な!?」

彼が目の前にいること、手が触れていること。二重の意味で
混乱する美琴に対し、上条は怒気を込めて話し始める。


7:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/20(月) 20:07:48.87 ID:PMlyzffA0

「ここは店の中だぞ? 電撃を放っていいと思ってんのか?」

「…そ、それはアンタが…」

彼の妙な迫力に脅える美琴

だが、上条は言い訳を許さなかった。


「いい加減にしろ」

「…!?」

「そうやって言い訳すれば誰かが許してくれると思うのか? そうじゃねえだろ。
 一歩間違えば被害が出てたかもしれなんだぞ? 例えば人や物に電流が命中したら
 どうする? 犯罪だぞ? おまえ責任取れんのかよ?」

「……」

美琴は黙ってしまった。説教に定評のある上条はここでラッシュをかける。


8:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/20(月) 20:12:19.60 ID:PMlyzffA0

「おまえは短絡的にものを考えすぎなんだよ。ちょっと機嫌が悪いと
 八つ当たりして憂さ晴らしするのか? おまえは学園都市に七人しか
 いないLv5の一人だ。力の使い方を誤ったら大惨事になりかないんだぞ」

「…はい」

「本当に分かってんのかよ!!」

「ひぃ…!」

上条はその辺にあるゴミ箱を蹴り上げた。

「いつもいつも俺に勝負挑んできやがってよぉ。まるでピクニックに行くような
 軽い気分で致死量の電流を浴びせてくれるじゃねえかよ!! 
 もうそういうのたくさんなんだよ!!」

「……ご、ごめんなs…」

「今更謝られてもうれしくねえよ!!」

「…っ!」

美琴は脅えて縮こまる。


10:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/20(月) 20:16:18.33 ID:PMlyzffA0

「俺は高校一年生だ。まだ死にたくない。おまえに電流浴びせられるのが
 どれだけ怖かったか、考えたことあんのか!?」

「……」

「……ふざけてんじゃねえぞ?
 ふぉぉぉぉおらああああああああああ!!」

「……うぅ……ご……ごめん……なさい……ひぐっ……」

美琴はポロポロと涙を流していた。


一方の上条は…心の中でこんなことを考えていた。

(ァァ…いい…こいつ…なんて可愛い顔で泣きやがる……たまらないぜ…。
 もっといじめるよ?…いじめちゃうよ?…)

上条はボッキした股間を隠すことなく、追い討ちをかける。

「少しは俺の怒りが分かったか? なら、もう二度と俺の前に
 姿を見せるな。そして話しかけてくるな。これは命令だぞ」


12:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/20(月) 20:23:10.09 ID:PMlyzffA0

「……そんなの嫌だよ……お願い…何でもするから」

「ああ? うっせーよ。俺は忙しいんだ。じゃあな」

上条は踵を返し、打ち止めのいるベンチに向かう。


「やあやあ、待たせてしまったなぁ。我が愛しき幼女・打ち止めよ」

「遅いんだよってミサカはミサカは不満をもらしてみたり」

打ち止めちゃんはすでにカキ氷を食べ終えていた。

暇そうにベンチの上で足をぶらぶらさせている。


「ちょっと素行の悪い人を注意するのに時間がかかったんだ。
 待たせてごめんな? お詫びになにかおごってやるよ。
 何が食べたい?」


14:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/20(月) 20:29:21.55 ID:PMlyzffA0

「うーん、そうだなぁ」

打ち止めは人差し指を口にくわえながら考える。

「クレープがいいな!ってミサカはミサカは笑顔で提案してみたり!」

「おっけー。すぐ買いに行こう!」

少し離れた場所にあるクレープ売り場まで手を繋いで歩く。


その付近にはショックで泣き崩れている美琴の姿があったが、
二人は華麗にスルーした。


16:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/20(月) 20:35:27.21 ID:PMlyzffA0

打ち止めは幸せそうな顔でクリームを食べていた。

「はむはむ。クリームが甘くてとってもおいしんだよって
 ミサカはミサカは感想を述べてみたり!!」

「そうかぁ。それはよかったなぁ」

「よかったら当麻にも少し分けてあげようかってミサカはミサカは
 食べたそうな顔してる当麻に気を使ってしてみたり」

「はぁ……はぁ……そ、そうか。悪いな。それじゃあ少しだけ……」

愛しそうに一つのクレープを分け合う二人。

上条はその後も打ち止めとのデートを堪能した。


打ち止めと手を繋ぎながら、
ライオンから逃げ切ったシマウマのような顔で帰宅する。

「たっだいま~~♪」

「おかえりなさいなんだよ、とうまぁ~~~」

禁書がパタパタと足音を立てながら上条に抱きつく。


17:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/20(月) 20:42:29.12 ID:PMlyzffA0

「遅くなってごめんな。今日もお前のためにおいしい料理を作ってやるからな!」

「わーい。とってもうれしいんだよ!」

「……はは。おまえは本当に可愛いな」

「ごろにゃ~ん」

ネコの真似をしながら上条の胸に顔を埋める禁書。


「あ、禁書だけずるい! 私も当麻に抱きついて甘えたいって
 ミサカはミサカはちょぴり嫉妬してみたりぃ!」

打ち止めはぴったりと上条の腰の辺りに密着する。

まるで兄妹のように仲の良い三人。


19:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/20(月) 20:48:25.71 ID:PMlyzffA0

(ふふふ……)

上条当麻。もといシマ条さんは心中で密かに微笑んでいた。

(俺は今最高に輝いている!!)

この心境を例えるなら、運動会当日に全校生徒の前で無駄に
長い話を展開する校長先生のような高揚感。

「ふふふ~ん♪」

上条が鼻歌を歌いながら料理する。

ハンバーグが焦げないようにコンロの温度を調整する。
何度もフライパンの蓋を開けながら、ハンバーグの焼き具合を確認していた。


20:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/20(月) 20:54:10.99 ID:PMlyzffA0

「ち~っぽけな~世界なのに~♪
 どうして~期待に胸が膨らむの~~♪」

下手糞な音程で歌う上条。

愛する打ち止めと禁書に料理を作る。
それだけで飛び上がりたいほどうれしかった。

ところで、

最初に打ち止めを家に連れてきたとき、禁書は激怒した。
しかし上条は巧みな話術で丸め込み、これからは毎日
おいしい料理が食べられるぞと言って納得してもらった。

ここ数日、上条家の食糧事情は改善され、今では毎日のように
肉や魚を食べている。禁書が喜んでくれたのはそのためだ。

なお、なぜ経済的に余裕ができた上に打ち止めが上条と
仲良くしているかについては後ほど説明する。


21:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/20(月) 21:00:22.31 ID:PMlyzffA0

「楽しみだねぇ。ハンバーグ!」「そうだねぇ~」

シスターとラストオーダーのコンビは仲良くテレビを
見ながらトランプで遊んでいた。禁書の方が少しお姉さんなので、
打ち止めが退屈しないように面倒を見ているのだ。



そんな彼らの至福の時を邪魔するように、一本の電話が鳴り響いた。


Prrrrrrrrrrrrrrrrrrrrr

Prrrrrrrrrrrrrr…


「はい。もしもし?」

受話器を取ったのはインデックス。


22:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/20(月) 21:06:32.78 ID:PMlyzffA0

「~~~………」 

「~~………」 


電話の主といくつか会話を交わした後…



「いやああああああ!!」

受話器を乱暴に落とし、腰を抜かしてしまった。


「おい! どうした!? 大丈夫か、ゆかちぃ?」

事態の異常性を嗅ぎつけた上条が駆け寄る。
名前を言い間違えたのは気のせいだ。


23:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/20(月) 21:12:05.53 ID:PMlyzffA0

「……う……あぁ……」

禁書は涙目でガクガク震えている。


「ちくしょう、なんだってんだよ!」

上条は急いで受話器を耳に当てる。

「……もしもし?」

「……」

「……」

「……私よ」

「!?」

聞こえた声が物凄く低い声だったので驚嘆した。

電話しているのは間違いなく美琴だったが、
これほど恐ろしい声を聞くのは初めてだった。


25:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/20(月) 21:18:20.32 ID:PMlyzffA0

上条は足元が震えだしていた。慎重に話しはじめる。

「御坂。お前……」

「聞いて。当麻」

「…!?」

「私ね。あんたに絶交されてから色々考えたの。でもね、良い考えは浮かばなかった。
 だってあんたに嫌われちゃったのよ? どれだけ苦しくて悲しいか分かる?
 もう気が狂ってしまいそうなの…」

「おい、落ち着…」

「私ね…。今あんたの家の前にいるの」

「……なっ!?」

上条が玄関を注視する。扉はかすかに開けられていた。


29:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/20(月) 21:24:19.22 ID:PMlyzffA0

ギギィ…


そして扉がゆっくりと開かれた。



「…………当麻?」

美琴はまるで死人のような顔だった。


「う……」

上条は後ずさる。

美琴の全身から発せられる死のオーラ。

まさに圧倒的だった。


31:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/20(月) 21:30:03.94 ID:PMlyzffA0

「当麻? 脅えてるの?」

上条はゆっくりと近づいてくる死の電撃姫に対し…

本来なら説得して更生させなけらばならないのだが……


「う……あ……」

発するとこができたのは言葉にすらならないうめき声。

震える足はすでに使い物にならず、この場から
逃げることさえ出来ないでいた。


34:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/20(月) 21:35:14.88 ID:PMlyzffA0

そして頭の中を駆け抜ける走馬灯。

(俺はまだ高校生だが、それなりの修羅場を潜り抜けてきた。
 そしてシマウマとして確かな実力を磨いた………。
 今の俺は限りなく野生動物に近い。そんな俺の勘が告げている……)


全てを諦めて自嘲気味に笑い、

(………俺は今日………ここで死ぬ)

彼の愛読書のH×H、原作12巻のセリフを参照して死を暗示した。



この後は美琴と上条のセリフのみが交わされる。


「当麻って呼ぶのは初めてね。迷惑だったかしら?」

「もういい。殺せ」

「そのつもりだけどね。その前にあそこにいる幼女から丸焦げにしてやろうかな?」

「……っ!!」


36:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/20(月) 21:40:21.38 ID:PMlyzffA0

「ふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふっふ」

「てめえ!! 打ち止めに手を出しやがったらただじゃ…」

「じゃあ、あんたから死ねば?」

「が……ぎゃ……ぐ……!!」


上条は死んだ。

そして打ち止めと禁書も同じように電流を浴びて殺され、
美琴は舌を噛んで自殺した。



Take1 終了。 バッドエンド。  敗因は御坂を説教したこと。物語はまだ続く。

エンディングテーマ もどかしい世界の上で  マキノユイ 



38:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/20(月) 21:44:27.08 ID:PMlyzffA0

Take2 


「今度はカキ氷が食べたいんだよってミサカはミサカはオネダリしてみたりぃ!」

「そうか。カキ氷が食べたいのか! よし、上条さんが買ってやるぞぉ!」

ここはショッピングモールのフードコート。

上条は打ち止めと手を繋ぎながらスキップし、自然な動作でカキ氷屋に行こうとした。


(……おや? ビリビリの奴、あんなところで何やってんだ?)

上条はクレープ屋の前で立ち尽くしてる美琴に近寄った。

「お~~~い。御坂ぁああ!! 寂しそうな顔してどうした? 盗撮の練習か?」

「え?」


40:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/20(月) 21:50:19.21 ID:PMlyzffA0

「何驚いた顔してんだよ? 今一人か? 良かったら俺達と一緒に遊ばないか?」

「な!? ……な? あ、あんた、あの幼女とはどういう関係なのよ!?」

美琴が困惑しつつも疑問を口にした。


「ちょっとした事情で一方通行から預かってるだけだよ。
 やましい気持ちは一切ないぞ」

「……そうなの?」

「もちろんだ。俺を信用しろ。だいたいな。俺があんな小さい子供と
 付き合うわけだろ? どっちかというと、俺は中学生くらいが好みかな」

「……そ、そうなんだ…。知らなかったわ。なら…私にもチャンスが…」

美琴は顔を赤くしながらうつむいた。


41:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/20(月) 21:51:04.31 ID:19DDExQ50

曲は合うか合わないか微妙だなww


42:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/20(月) 21:52:40.14 ID:hmVCi8vw0

「俺があんな小さい子供と付き合うわけだろ?」

死にますよ、下条さん


44:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/20(月) 21:56:25.28 ID:PMlyzffA0

________________________________________________


上条は表面上は爽やかに笑いながら、心の中ではこう思っていた。

(まあ、嘘だがな。簡単に騙されてくれて助かるぜ。
 こいつは放置しておくと後が厄介だからな)


ちなみに、上条が打ち止めと仲良くするようになったのは数日前のことだった。


いつものように美琴に勝負を仕掛けれれ、致死量の電流を浴びる毎日。

これに懲りた上条が和解するために美琴をデートに誘うとしたのだが、
巡回中の黒子に見つかり、邪魔された。

さらに二度とお姉さまに近寄らないよう説教までされてしまい、
上条は中学生に対する興味を完全に失った。


45:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/20(月) 22:01:27.51 ID:PMlyzffA0

やはり女性は年上に限ると考えた上条だったが、ある日一方通行に
連れられて歩く打ち止めの姿を発見し、衝撃を受けた。

(か、可愛すぎる……どうしてこんなに心が癒されるんだろう?)

愛する子供をまるで天使のようだと言う人は多いが、上条も
同じ心境に至った。子供に劣情を抱くわけではなく、
例えば、WORKINGの小鳥遊のように純粋に子供を可愛がりたい衝動に駆られたのだ。

そしてとある倉庫に一方通行を呼び出し、相談に乗ってもらった。


「頼む! ロリコンの先輩としておまえに相談がある。
 俺もついに目覚めてしまったんだ。今は小さい女の子と
 仲良くしたくて仕方ない! どうすればいいんだ?」

「お、おめェが俺に相談して来るなンてよォ。
 初めてのことじゃねェか…」

一方さんは、どういうわけか赤面していた。


46:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/20(月) 22:06:34.09 ID:PMlyzffA0

深呼吸した後、上条に話し始める。

「そうだなァ。下手に我慢しても余計に欲望が溜まるだけだからなァ。
 上条が犯罪者になっても困るし、良ければ俺の打ち止めでも貸してやるぜ?」

「いいのか? おまえは訓練されたロリコンだったはずだが…」

「気にするな。打ち止めもまだ小せえし、遊びたい盛りだからなァ。
 こんな目つきのわりィ男といるより、おまえと遊ぶ方が楽しいだろうよ。
 明日にでもショッピングに連れてやってくれ。あいつは買い物好きだから喜ぶぜェ」

「一方。ありがとう。恩に着る」

上条が真摯な眼差しで一方の手を握ると、

「よ、よせよ。おめェにそんな目で見つめられたら……俺は……」


彼がなぜかはぁはぁ言い始めたので上条は悪寒を感じ、
早々にその場から立ち去ったのだった。

_____________________________________



52:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/20(月) 22:39:54.84 ID:PMlyzffA0

_____________________________________________

その際の交渉の内容をまとめると、
上条は打ち止めと仲良くする権利に加えて、
遊ぶための資金提供も受けたのだった。

Take1で食糧事情が改善されていたのもそのためである。


上条たちは三人で仲良く手を繋ぎながら歩いた。
上条と美琴に挟まれる形で打ち止めが位置する。
一見すると、若い子連れの家族に見えないこともない。

上条がそのことを口に出して言うと……


「ば……家族って……何言ってんのよ。バカ! 私はただアンタに
 頼まれたから仕方なく付き合ってあげてるだけで…」

ツンデレのテンプレートなセリフを返してきたのだった。


54:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/20(月) 22:45:42.09 ID:PMlyzffA0

(ほほぉ。こいつも結構可愛いじゃないか……。中学生だけど)

上条は不覚にもときめいてしまった。


「あー! あそこで水着が売ってるよぉ!!」

一人元気よく駆け出す打ち止め。

水着コーナーにある展示品が気になったようだ。
フリル付きの子供用水着を興味深そうに眺めている。

それを指差しながら上条の方を向いた。


「当麻ぁ! あの水着は私に似合うかなぁって
 ミサカはミサカはわくわくしながら聞いてみたり!」

「ああ。きっと良く似合うと思うよ。試着してみるかい?」

上条の余裕のある態度は父親のようだった。


55:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/20(月) 22:51:19.00 ID:PMlyzffA0

「しちゃくってなーに?」

「水着を試しに着てみるってことだよ。店員さんに許可をもらってやるからな」

「わーい!」

年相応の愛嬌のある顔で微笑む打ち止め。

上条は近くにいる店員を呼び止める。

店員が打ち止めを試着室まで案内するのを見守っていると…

「ねえ、ちょっと」

美琴が背中を突いてくる。


「なんだよ?」

「さっきから見てれば…あんたずいぶんあの子と仲いいじゃない。
 それに子供の扱いもうまいのね。知らなかったわ」

心なしか、非難するような口調でそう言った。


56:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/20(月) 22:57:19.85 ID:PMlyzffA0

上条は美琴の疑問を振り払うようにきっぱりと言い放つ。

「おかしいか? 俺は正義の味方。上条さんだぞ?
 子供の扱いぐらいは心得ているつもりだ」

「ふ~~ん。そう」 (怪しいわね…)

美琴は腹のうちでは納得していなかった。

やがて試着室のカーテンが開かれる。

「ど、どうかな? 似合う?」

恥ずかしそうに上目遣いで聞いてくる打ち止め。

(ほおおお…)「もちろんだよ。最高に似合っているぞ? 打ち止めは
         可愛いからテレビにも出られるかもしれないな」

「わーーーい! 当麻に褒められたぁ!!って
 ミサカはミサカ無邪気にはしゃいでみたりぃ!!」

上条はぴょんぴょん跳ねる打ち止めの頭を撫でていた。


59:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/20(月) 23:03:18.64 ID:PMlyzffA0

(やっぱり怪しいわ……あいつのあの顔……)

美琴がそう思うのは、上条さんの顔が例の動物のものになっていたからだった。
明らかに人間とは異なるその顔。美琴が真実を問いただそうとした時…



『きゃあああああああ!!』   『さわぐんじゃねえ!!』



絹を引き裂くような悲鳴と男の野太い声。

なんと…モール内に強盗が進入したのだ!! 

そいつらのリーダーが声を張り上げる。

『全員抵抗するんじゃないぞ!! できれば死人は出したくない!!』

と言いつつ、銃を乱射していた。


60:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/20(月) 23:09:55.26 ID:PMlyzffA0

「どうしよう…当麻?」 

美琴が不安そうな声を発しながら上条にしがみつく。

「いきなり名前で呼びすてか? まあいい。とにかく落ち着け。
 奴らは銃を持っている。あの形状はワルサーPPKかな。
 素晴らしいデザインだ。下手に動けば蜂の巣にされるぞ」

「ひいぃ…」

美琴の服を掴む手に力が入る。



『諸君。落ち着いて聞いてほしい。我々も目的は一つ。女児用の水着を手に入れることだ!! 
 特にウサちゃんプリント付きのものを歓迎しよう!!』

強盗のリーダーは意味不明なことを真面目に言っていた。

彼らは覆面の代わりにウサギのマスクをしている奇妙な集団だった。


63:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/20(月) 23:17:12.51 ID:PMlyzffA0

『ウサギこそがこの世で最も愛らしい動物であり、保護されるべき生き物だ。
 諸君達にもそれを少しでも分かってもらうため我々は……』

そのバカは演説しながら歩き出し、水着コーナーへ近づいていく。


「なにが起きてるの? あのおじさん、だあれ?」

幼い打ち止めは状況が飲み込めていなかった。
彼女はまだ試着室にいるのだ。

「まずいわね……」

美琴がスカートのポケットからコインを取り出そうとしたが、
すぐ横を風が通り過ぎた。

「え…!?」

美琴は目を疑わざるを得なかった。

それは風ではなく、疾走したシマウマ(上条)だった。


64:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/20(月) 23:23:38.82 ID:PMlyzffA0

「ほらああああああああああああああああああ!!」

「ぎゃあ」「ぐへ」 「があおお」 「いやあ」

美琴が瞬きした瞬間には、強盗は全て吹き飛ばされていた。



「ふ。シマウマこそ、最強の動物なり…!」

格好悪いセリフを格好良いポーズで言う上条。

彼はタックルした直後の体勢のままにやけていた。
足元にはタイヤを引きずったような焦げた跡。
そこからわずかに煙が発生しており、シマウマの神速さを物語っていた。


65:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/20(月) 23:25:04.86 ID:h2vz9NQl0

シマ条さんwww


66:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/20(月) 23:29:32.72 ID:PMlyzffA0

「当麻。怪我はなかった!?」

美琴が上条のもとへ駆け出すが…すれ違いなる。


「打ち止めええええ!!」

走り出した上条は美琴を無視して打ち止めを抱きしめる。

「あれれぇ! どうしたの当麻!?ってミサカはミサカは驚いてみたり!」

「俺はおまえのことが心配で心配で……。怪我はなかったか?」

「私は大丈夫だよ? どうして当麻は泣いているの?」

「だってよぉ……う……ひぐっ……」

上条は涙が止まらなかった。強盗が銃を乱射していたので、
流れ弾が当たる危険性を考慮していたのだ。


70:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/20(月) 23:36:25.59 ID:PMlyzffA0

「よしよし…当麻は良い子だからもう泣かないでねってミサカはミサカ
 ちょっぴりお姉さんぶってみたり」

「……うぅ……やさしいんだな……おまえは……」

打ち止めちゃんに頭を撫でられて安心する上条。



だが…

「あ、ああああ、あんたねぇぇ!! なんで私のこと無視するのよ!!」

美琴が怒っていた。全身を循環するように電流が流れ続けている。

「わわわわわわ! お姉さまが怒ってるんだよってミサカはミサカは……」

「ふぉおおおお! なんで切れてんだよ、あのバカタレは!」


72:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/20(月) 23:43:13.98 ID:PMlyzffA0

二人は脅えた拍子に強く抱擁しあい、体が密着する。

(……なん……だと?)

上条は絶句した。打ち止めは水着を着ている。そしてこの体勢では…

(打ち止めの素肌と密着してるようなもんじゃねえか!? おい!)

しかも打ち止めは脅えていて、小動物のように
縮こまりながら目をきつく閉じている。


「ふぉおお……」


シマウマ化が始まろうとするが、美琴の言葉で止められる。

「死のうか」

「え?」

「いや、だからさ。もう死になよ」


73:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/20(月) 23:51:16.55 ID:PMlyzffA0

美琴は上条の左手首を掴んでいた。つまりいつでも電流が流せる状態だ。

上条は顔面蒼白になりながら時間を稼ぐ。

「はいはい。分かった。よく分かった。冗談はよせって」

「いやいや。冗談じゃないって。いいから死になって」

「またまた、たちの悪い冗談はやめr」

「人の話を聞きなよ。私は本気よ? ロリコンの男なんて死んだ方がいいもの」

「……え? 俺ここで死ぬの?」

「うん」

「……っ!」


上条はここで溜めを作った後、一気に怒鳴り始める。

「っざけんじゃねええ!!」

「……なっ!?」


74:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/20(月) 23:58:15.25 ID:h2vz9NQl0

またデッドエンドwww


76:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/20(月) 23:58:34.88 ID:PMlyzffA0

美琴がひるんで手を離したのを見逃さず、たたみかける。


「おまえは嫌なことがあるとすぐそうやってヤンデレ化するのか!?
 俺から言わせてもらえばもう古いんだよそういうのは!!
 それにワンパターンすぎるだろうが!!」

「な、なによ。偉そうに…」

「ああ! 偉そうで結構だ。だが言っておくけどな、俺の方が年上だぞ。
 一時の感情に任せて道を踏み外せば必ず後悔するときが来るんだ!
 もっと冷静になれよ冷静に! このバカが! はぁ? はぁ?」

「私は冷静y」

「どこだがよ!? ヤンデレの目をしながら言われても説得力がねえよ!
 それにおまえが犯罪者になったりしたら俺が困るんだよ!」


78:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/21(火) 00:05:36.35 ID:PMlyzffA0

美琴はうろたえながら言い返す。

「な、なんであんたが困るのよ?」

「俺にとっておまえが大切な人だからだよ。言わせんなよ恥ずかしい」

「あ、ななななな!?」

美琴は大切な人というフレーズで動揺しまくる。
恥ずかしそうにうつむき、上条の顔をまともに見られなくなるが…

「ははは。嘘だよバカ女!」


上条は意見をひっくり返した。

「おまえは俺が打ち止めと仲良くしてるのが気に入らないんだろ!?
 このビリビリ小姑め!! 若さに嫉妬するのはみっともないぞ!!」

「わわわ、私が小姑ですって!? そう言うあんたはロリコンのくせに!」


81:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/21(火) 00:12:10.81 ID:0xsyfhVK0

「うっせーよ! ヤンデレ女が! おまえせっかく可愛い顔してんのに
 その性格のせいで台無しじゃねえか!! 詐欺だろそれ? 泣くぞほらああ!? 
 なんでもっと素直になれないんだよ!? 佐天さんを見習えよ」

「なんでここで別の女の名前が出てくるのよ?」

美琴が物凄く不満そうな顔をした。


「そんなの言われなくても分かってるだろ? 佐天さんが総合的に
 優れた美少女だからだよ。この作品の全ての女は佐天さんを
 見習うべきだ。そして初春さんのスカートめくれ」

「へえ? さっきから聞いてりゃ……言いたい放題言ってくれるじゃない……!!」

美琴はとうとう堪忍袋の尾が切れてしまった。
致死量の電流を放つ準備を始める。


しかし…


83:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/21(火) 00:20:09.61 ID:0xsyfhVK0

「通報を受けて駆けつけたジャッジメントです。サルじn…上条当麻さんを逮捕します」

白井黒子が事務的に言った。上条に手錠をかける。


「な…?」

「に…?」

上条と美琴は唖然とする。

「おい。ちょっと待てよ、白井。何で俺が逮捕される?
 強盗を倒したのは俺だぞ? 恨まれる筋合いはないはずだ」

「公然わいせつ罪ですの。ご自身の姿をよく確認してみてくださいな」

「…あ」




上条は全裸だった。


85:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/21(火) 00:22:15.37 ID:w0i7dmMY0

www


86:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/21(火) 00:28:29.51 ID:0xsyfhVK0

「ああ、そう言えば、今までずっと服着てなかったもんね。
 逮捕されるのは当然だわ」

美琴がまるで今思い出したように言う。


こうして、上条は逮捕されてしまった。


Take2 終了。  バッドエンド。  

敗因分析。 ①全裸 ②打ち止めに欲情 ③美琴に説教
        
エンディングテーマ Destiny  マキノユイ

__________________________________________

書き溜め作業に戻るね。次回は佐天と初春がでるよ。


87:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/21(火) 00:30:03.97 ID:aakHuNtB0

下条さんはアホですか?


97:しおん ◆SHION//ih2 :2010/09/21(火) 07:25:07.85 ID:ays0jTVdP

あぶねーなおいw



【関連】こちらの作者さんの他の作品はこちら
美琴「あんたのこと嫌い」 上条「なん……だと…?」

future gazer(初回限定盤)(DVD付)
future gazer(初回限定盤)(DVD付)

関連記事
スポンサーサイト
[ 2010/09/23 21:01 ] 禁書・レールガンSS | TB(0) | CM(1) |このエントリーをはてなブックマークに追加 |このエントリーを含むはてなブックマーク |はてなブックマーク - 上条「打ち止が好きだ」 美琴「死にたいの?」
ワロタ
[ 2010/11/09 02:18 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

タグリスト 改

伊原える千反田奉太郎摩耶花福部SS氷菓古典部折木かほ十文字入須冬実2ch上条当麻とある魔術の禁書目録ヤンデレとある御坂美琴禁書レールガン黒子超電磁砲食蜂操祈とある科学の超電磁砲番外個体一方通行VIPインデックス神裂上条御坂ゲームフィオナssデメント美琴佐天佐々木キョン涼宮ハルヒの憂鬱ハルヒ長門美少女古泉創作けいおんSSけいおん!!けいおん!朝比奈鶴屋さん当麻インデックスSS木山禁書SSレールガンSS東方霊夢メタリカみくるサキュバス俺の妹がこんなに可愛いわけがないラブプラス平野綾それでも町は廻っているかんなぎかんぱちTHEIDOLM@STER声優Lia東方二次創作紅魔城伝説IIFF14スクエニキャサリンアトラスペルソナ2小説京極夏彦ミステリーPS3グランツーリスモ5どん判金ドブ稲船カプコン2ちゃんねる週刊トロ・ステーションPS2ICOワンダと巨像おいしんぼ平野耕太Aチャンネル竹達彩奈戸松遥豊崎愛生悠木碧田中理恵早見沙織バイオゾンビエースコンバットACECOMBATxbox360痴漢妊娠GK箱○げんしけん二代目アフタヌーンソニーPSPgoとある魔術の禁書目録禁書小萌麦野フレンダ土御門ハルヒSS男SSSS初春妹SS女SS男SS少女SS少女姫子青ピ建宮姫神ひたぎイヒ戦場ヶ原阿良々木化物語打ち止め鶴屋朝倉パイナポゥ女体化五和垣根海原絹旗浜面冥土返しエツァリ笑うセールスマン喪黒京介沙織桐乃黒猫俺妹あやせ加奈子DTB兄SS化物語SS羽川神原撫子忍野御坂妹ねーちんポケモンカスミサトシポケモンSSタケシリュウベガケンサガットストリートファイター春麗国木田谷口金田一コナンエヴァエヴァンゲリオンジブリ宮崎駿レッドブラックホワイト^q^おわり^q^高須竜児実乃梨祐作大河逢坂とらドラ!北村櫛枝1Q84村上春樹ストライクウィッチーズ2ストパンストパンSSストライクウィッチーズサーニャエイラエイラーニャ月刊朝倉SSけいおん女騎士百合執事結標ゲルトストライクウィッチーズ2宮藤芳佳坂本リーネHUNTER×HUNTERJUMローゼンメイデン蒼星石水銀燈めぐ真紅のり翠星石夏目漱石二葉亭四迷エヴァSSシンジレイアスカニュースさわ子ムギみおりつDARKER黒の契約者ハヴォックBLACKTHAN坂本美緒もっさんミーナ戸愚呂北斗の拳はやてなのはSSヴィヴィオ魔法少女リリカルなのはフェイトなのはミサトドラクエSS勇者ドラクエ魔法使い賢者勇者SS戦士

プロフィール

山田

Author:山田
プロフィール

TOP絵・まとめ依頼募集中!!

リンクフリー

相互リンク・相互RSSも募集してます!

メールフォームまで宜しくお願いしますm(_ _)m

管理人への連絡

コメント・メールフォームどちらでもいいので、ご意見・ご感想をお寄せください。宜しくお願いします。



IEだと一部表示が崩れるみたいです。改善中ですので、もう少しお待ち下さい。(それまではFirefox推奨です)

RSS整理中です。
相互リンク・RSSをして下さっているサイト様を優先して表示したいので、相互ではないサイト様は非表示にしています。

相互しているのに自分のサイトのリンク・RSSが表示されていないという場合は御連絡下さい、早急に対処致します。

相互リンク・RSSをして下さっているサイト管理者様向け御連絡

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサードリンク
人気ページランキング
検索フォーム
QRコード
QR
おすすめ2
銀の匙 Silver Spoon 3 銀のスプーンつき特別版 (少年サンデーコミックス)
銀の匙 Silver Spoon 3 銀のスプーンつき特別版 (少年サンデーコミックス)
銀の匙 Silver Spoon 2 (少年サンデーコミックス)
銀の匙 Silver Spoon 2 (少年サンデーコミックス)
銀の匙 Silver Spoon 1 (少年サンデーコミックス)
銀の匙 Silver Spoon 1 (少年サンデーコミックス)
もやしもん(11) (イブニングKC)
もやしもん(11) (イブニングKC)
3月のライオン 7 (ジェッツコミックス)
3月のライオン 7 (ジェッツコミックス)
咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A(1) (ガンガンコミックス)
咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A(1) (ガンガンコミックス)
咲Saki(9) (ヤングガンガンコミックス)
咲Saki(9) (ヤングガンガンコミックス)
HELLSING official guide book~ヘ (ヤングキングコミックス)
HELLSING official guide book~ヘ (ヤングキングコミックス)
東方茨歌仙 ~Wild and Horned Hermit. (2) (REXコミックス)
東方茨歌仙 ~Wild and Horned Hermit. (IDコミックス) (IDコミックス REXコミックス)
東方茨歌仙 ~Wild and Horned Hermit. (IDコミックス) (IDコミックス REXコミックス)
ワイド版 風の谷のナウシカ7巻セット「トルメキア戦役バージョン」 (アニメ-ジュ・コミックス・ワイド版)
ワイド版 風の谷のナウシカ7巻セット「トルメキア戦役バージョン」 (アニメ-ジュ・コミックス・ワイド版)
THE IDOLM@STER ビジュアルコレクション 上 (メガミマガジンスペシャルセレクション)
THE IDOLM@STER ビジュアルコレクション 上 (メガミマガジンスペシャルセレクション)
うさぎドロップ 10 番外編 (Feelコミックス)
うさぎドロップ 10 番外編 (Feelコミックス)

ペルソナ4 7【完全生産限定版】 [Blu-ray]
ペルソナ4 7【完全生産限定版】 [Blu-ray]
ペルソナ4 5【完全生産限定版】 [Blu-ray]
ペルソナ4 5【完全生産限定版】 [Blu-ray]
ペルソナ4 4【完全生産限定版】 [Blu-ray]
ペルソナ4 4【完全生産限定版】 [Blu-ray]
ペルソナ4 3 【完全生産限定版】 [Blu-ray]
ペルソナ4 3 【完全生産限定版】 [Blu-ray]
ペルソナ4 2 【完全生産限定版】 [Blu-ray]
ペルソナ4 2 【完全生産限定版】 [Blu-ray]
ペルソナ4 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]
ペルソナ4 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]
『ブラック★ロックシューター』Blu-rayBOX【完全生産限定版】
『ブラック★ロックシューター』Blu-rayBOX【完全生産限定版】
『Fate/Zero』 Blu-ray Disc Box Ⅰ
『Fate/Zero』 Blu-ray Disc Box Ⅰ
『カーニバル・ファンタズム』3rd Season 初回限定版 (Blu-ray)
『カーニバル・ファンタズム』3rd Season 初回限定版 (Blu-ray)
『カーニバル・ファンタズム』2nd Season 初回限定版 (Blu-ray)
『カーニバル・ファンタズム』2nd Season 初回限定版 (Blu-ray)
『カーニバル・ファンタズム』1st Season 初回限定版 (Blu-ray)
『カーニバル・ファンタズム』1st Season 初回限定版 (Blu-ray)
TAKE MOON 武梨えり TYPE-MOON作品集 特別版
TAKE MOON 武梨えり TYPE-MOON作品集 特別版
月の珊瑚(星海社朗読館) (星海社FICTIONS)
月の珊瑚(星海社朗読館) (星海社FICTIONS)
劇場版 「空の境界」終章/空の境界 [DVD]
劇場版 「空の境界」終章/空の境界 [DVD]
劇場版「空の境界」Blu-ray Disc BOX
劇場版「空の境界」Blu-ray Disc BOX
ドクターペッパー 350ml×24本
ドクターペッパー 350ml×24本
カオスヘッド&シュタインズ・ゲート 科学アドベンチャーシリーズ マニアックス
カオスヘッド&シュタインズ・ゲート 科学アドベンチャーシリーズ マニアックス
アクセスランキング
FC2カウンター
全記事表示リンク
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
1113位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
2chまとめブログ
156位
アクセスランキングを見る>>
最新トラックバック
ブログランキング 
FC2ブログランキング
FC2ブックマーク


アクセスランキング ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。